ぶっ飛び?!エジプト人セキナさんとの思い出。

1 / 3 ページ

セキナさんとの思い出。

友人のFBフィードコメントでエジプシャン話が盛り上がり、久しぶりにセキナさんの事を思い出したので、せっかくなので書き留めておこうと思う。

プロローグ

私がM1の10月頃、エジプトの某大学のアブ・セキナ教授からうちの研究室にしばらく滞在したいとの申し出があり、教授になりたてだった我がY教授はあまり深く考えずに受け入れることにした。

副学長でもあるという事で、それなりの待遇をせねばという事になり、実験室などがある別棟の居室を確保し、わざわざPCを1台購入。万全のセッティング体制を整えた。M1だった私はお世話係を命じられた。

セキナさんが日本に到着し、学部生が空港まで迎えに行って研究室に到着した。セキナさんは軽く体重100kgは超える巨漢で、見た目はフィドラーのロビー・ラカトシュ(写真参照)のような愛くるしい?風貌で、口ひげが特徴的だった。ありきたりの表現だが、まだこの時はどんな嵐が待っているのか知る由もなかった。


無駄になったPC

まずは、準備した居室に連れて行った。しかし、普段人口密度が低い別棟で一人ぼっちの部屋はお気に召さなかったようで、結局この部屋もせっかく用意したPCも一度も使うことはなかった。そしてセキナさんは、学生部屋にある学部生が使う事が出来る唯一の共用PCを独占するようになった。しかし、「どけ」とも言えないので、しばらくの間皆ガマンすることになった。

セキナさんのITレベル

一日中共用PCの前に座ってうつらうつらする日が続いた。ある日、セキナさんに「Oppa!」(セキナさんは最後まで私の事をOppaと呼んだ)と呼ばれ行ってみると、なにやらパソコンの操作がわからないらしい。最初は何を言っているのかわからなかったが、どうやらクエスチョンマークの出し方がわからなかったようで、「Shiftを押せば・・・」と教えてあげると驚いた様子だった。これで一日悩んでいたのか。このパソコンの知識レベルのあまりの低さに愕然としつつ、そして作られた文章をプリントアウトしていたので読んでみると、アラーがどうとかで何が書いてあるのか分からなかった。そういえば、セキナさんのメールアドレスはyahoo.comだった。国立大学の副学長という人が、大学のアドレスがないというのはどういうことか。

セキナという名前

調べてみると、ちゃんとその大学は存在し、アボウ・セキナという名前もあった。しかし、自称していた副学長(vice president)ではなく、表現は忘れたがどうも理学部の副学部長に相当するポストのようだった。ちなみにセキナという名前は、現地の言葉で「ナイフ」の意味だとセキナさんは言っていたが、WikipediaによればSekinaとはコーランにも出てくるアラビア語で、「平和」とか「平穏」を意味するようだ。

(追記:シッキーナならナイフという意味があるらしい)

驚愕のテキスト

次第にどんな人かわかってきて、特に修論を控えるM2の先輩たちは全くセキナさんと関わらないように決め込んでいた。やることがないセキナさんは、せっかく日本に来たのだから講義がしたいと言う。Y教授にも許可をとったようだったので準備にとりかかった。どうやら講義用のテキストをコピー作っているらしかった。表紙と写真入りのプロフィールのついた結構なボリュームのある冊子のようになっていたが、中身を見て驚愕した。我々の分野なら誰でも一度は読んでいる(というか全員必須の入門書なので研究室には先輩のお古が何冊も転がっているので寧ろ買う必要がないくらい)キッテル固体物理学から、何章かをまるごとコピーし、章立てやページ番号だけ上から小さな紙を貼って付け替えて(それも向きはまっすぐではない)、最後に自分の論文が2、3本綴じられていた。こんなんで講義したら著作権違反で問題になってしまう。


悪夢の講義

講義の日程は決まっていたので仕方なくやることになった。しかし、外部の人間も呼んでは問題になる可能性があるので、あくまで研究室のメンバー内だけに声をかけた。講義が始まると、先生は黒板の左上の端におもむろに「H」と書いた。一体なんだろうと思っていると、今度は黒板の右上の端に「He」と書いた。「もしや・・・」と思うと悪いストレートな予感は的中し、「Li、Be、・・・B、C、N、O、F、Ne・・・」と続いた。そう、元素周期表を黒板に書き始めたようなのだ。これはどこまで続くんだろうと思っていると、BeとBの間を空けて書いていることから、どうやら4周期(4列目)以降も書くようだった(図参照)。しかし、手書きで周期表を4周期以上書く場合、Bなどの13族の位置は先に分からないので、先に4周期目を書いたあとに右側のBなどを書くのが普通だ。案の定、4周期目を書き始めると位置があわなくなってしまい、これまで書いてきた13族より右の元素は全部書き直しになった。結局20分くらいを費やしてランタノイドもアクチノイドも全て書ききり、臭素と水銀にチェックを入れて「この二つだけは常温で液体だ。インポータント!」と解説を加え。「ザッツ・オール。エニークエスチョン?」とセキナさん。我々→( ゚д゚)ポカーン。


次はない

セキナさんは、皆が唖然とした事にきがついていないのか、この講義をシリーズもので全部で5回くらいでやりたいと言い始めた。なんとか交渉してのこり4回をすべて凝縮して次の一回で終わらせてもらうことに。しかし、研究室のメンバーも誰も聞きにいくつもりの人がいない。仕方なく、半ば強制的に学部生を引き入れて二回目に臨んだ。内容はわすれてしまったが、セメントは社会にとって重要みたいな話だったと思う。その次はない。

セキナフィッティング

結局苦労してはり絵した著作権違反のコピペテキストは、学生を動員して何部も製本した割に講義では一度も使わなかった。付録についていたセキナさんの論文をみてみた。内容は忘れてしまったが、何枚か曲線が描かれたグラフが掲載されている(たしかメスバウアー効果かなにかだったと思う)。それらをよくみてみると、データ点が1つとか2つしかないのに、曲線をフィッティングしているという事がわかった。その後研究室では、乏しいデータ点で無理やり理論線を引くことを「セキナフィッティング」と呼ぶようになった。


共同研究

みんなの読んで良かった!