あのとき、伝えられなかったけど。

1 / 3 ページ

受託Web制作会社でWebディレクターとして毎日働いている僕ですが、ほんの一瞬、数年前に1~2年ほど、学校の先生をやっていたことがある。
自分が卒業した母校である専門学校の先生。専門学校の、Web学科の講師。なんとなく当時のブログに書いていた日記をここに改めて書いてみようと思う。
あのとき、何が起きたのか。
あのとき、僕は何を考えたのか。
あれから、どうなったのか。

2008年03月10日22:08 「伝えたいことがある」

いままで、いくつものプレッシャーを感じてきたし、今、学校の先生という立場にたっても、
また別のプレッシャーを感じる毎日。
でも、こういう話が一番辛い。
一番、寂しい。
二つ、「退学希望」の話が出てきた。
一つは「ついていけない」という話。
それは、仕方のないことなのかもしれない。まだ19歳。これからいくらでも可能性があると同時に、それは「これまでに経験してきたことの少なさ」を物語ることにもなる。
初めから完璧に自分の人生を選択できる人なんて大人でも難しいのだから、この前まで高校生だった子に、それはとても難しいことなのだと思う。悲しいことだけど、本人の選択なら諦めもつく。
もう一つが辛い。
こっちの問題は、家庭の事情。
いや、詳しくは書けないけど家庭の”問題”と言った方が適切かもしれない。
学生には、どうしようもない。こういうのは、本当に辛い。
先生という職業についたおかげで発生した、今までまったく受けたことのない苦しみだ。
この子は、高卒現役で入学してきた学生。女の子。
専門学校のWeb科には時代の流れなのか、就職難のあおりなのか既卒(高卒浪人や大卒、大学中退者)が多い。つまり彼女は学内の最大派閥ではあったとしても”年下”だった。その中でも、彼女は持ち前の度胸を発揮して学内でディレクターを全うした。
物言いが強く、勝気で、どこかちょっとヌケているんだけど、不思議と、人がついてくる。
大人っぽい容姿も影響しているとも、思う。
半年前、新任の僕に臆せず「ディレクターになりたい」と言い放った。
僕は教員になるまで、専門学校生にとって大手Web制作会社が狭き門だということを知らなかった。それはそうだ、だって、僕自身が専門学校卒という学歴皆無な人間だったのだから。
仕事に溢れ常に人材難であるWeb制作業界は、頑張りさえすれば誰でも入れるのだと思っていた。でも、それは間違いだった。いや、正確には「学歴がそれほど影響しない」というのは今も昔も事実だったが、それは「キャリア採用に限った話」だった。新卒採用はほかの業界と同じく、学歴フィルターとは言わないまでもやはり専門学校生には厳しかった。
それは学歴という物差しによるものもあるし、2年間と4年間という学習期間の違いからくるものもあったと思う。
僕には、それが納得いかなかった。実際に自分が働いていたWeb制作会社や大きな印刷会社は、どこでも学歴なんか関係なかった。そもそも雑談以外で聞かれもしない。大事なのは「何をしてきたか」ではなく「何ができるか」だった。だから、僕はそれがわかったとき、専門学校生の就職事情を知った時から、一つの目標を自分に掲げた。
「自分がいたクラスのWeb系企業に、一人でも多く生徒を送り込む」
勝算はあった。それは、専門学校生だから。就職する時点でまだ二十歳。大学卒より2歳も若い。その若さは武器で、大学生ほど”応募者として完成”している必要がない。そしてWeb制作会社がどんな人を求めているのかもわかる。
新卒を採用する以上ある程度は教育が必要なのは大前提だとしても、多くのWeb制作会社は体力がない。おのずと「できる限り早く即戦力になりそうな人」を求める。”いま即戦力っぽい人”じゃない。ちょっとばかり力がある故に鼻っ柱の強いような奴は嫌われる。求めているのはあくまでも”近い将来にそうなってくれそうな人”。
所詮は学生、本当の即戦力なんてそうそういるはずもないし、それはキャリア採用でとればいい。なんとなくWeb制作のことがわかって、ある程度PhotoshopやDreamweaverが使えて、あいさつができて、何よりチームワークができて組織になじみやすい人がいい。
「だったら、制作会社と同じように動いてみればいい」
それが、僕の考えた最初の戦術だった。インターンシップとして、外部の企業やお店、メーカーと組み、彼らクライアントのWebサイトをつくる。それも、個人ではなくチームで。個人で1から10までやるようなことは他の授業でもできる。自分の趣味でもできる。そして、Web系企業は一人で大それたことをやる人を求めているわけじゃない。みんなで何かをやり遂げられる人を求めている。だから、僕はチームを組むことにした。

その時、僕は学生達に聞いた。
”やりたい職種はあるか”と。

前述の「臆せず~」というのは、そのときの彼女の話だ。
まだまだ業界のことも自分のこともわからず、ほとんどの学生が職種を絞れない中、彼女はただ一人、大きく「ディレクターをやりたい人」に挙手した。しかも、その時僕はまだ新任の新任。確か、初めての授業だったと思う。
初出勤でいきなり授業。自分でもよくやった方だと思う。
コミュニケーションなどなかなか取れない。
お互い手探り。正直、大変だった。
初授業を終え職員室に戻ると、お母さんのように優しい先生が僕のところへ、微妙に左右に揺れながらトコトコと歩いてきた。そういう歩き方をする人なのだ。それがまた、この先生の優しさを醸し出してもいる。通称、”マザー”。
”マザー”は、僕にこうたずねてきた。
「○○さんって、誰かわかった?」
僕は名前を覚えるのは早い。
顔と名前は一致します、と答えた。

みんなの読んで良かった!