21人生の岐路 / 歩いてばかりの旅

1 / 5 ページ

前編: 20人生の岐路 / 100人100旅とは
後編: 22人生の岐路 / 初監督として
私の旅は、専ら家族旅行だ。
父が運転するキャンピングカーで、どこまでも行く。
幼稚園、小学校、中学校と、勉強よりも五感を養う事を徹底してくれた両親だった。
特に毎年行くキャンプは思い出深い。
家族5人で力を合わせてテントを張ったり、夜ごはんの魚を捕ったり。BBQに、石を組み立てキャンドル作り、満天の星空。
普段の生活では味わえない経験をたくさんさせてもらった。

旅が好きな理由は、両親のおかげだと思う。
小6の夏⇒北海道 / 初めての飛行機だった。祖母と妹2人と、いとこの家へ。
中3の春⇒ハワイ / 初めての海外旅行は家族そろって。
高3の春⇒沖縄 / 家族みんなで。美ら海水族館は良い思い出。
他にも、たくさんの場所に足を運び、その土地ならではの食事や文化に触れ合った。
これからもずっと両親には感謝していきたい。
今年の11月26日に控えた両親への贈り物に関しても、追々、書いて行きます。

さて、一人旅のことを。
大学3年生から、よく一人旅をするようになった。
ほとんど国内だけど、非常に濃い。
特に印象深い旅を乗せて行く。

直島

GW真っ盛りに突如、私は直島に行くことにした。
理由は予定が無くなり、平凡な日を過ごすのが嫌だったから。
すぐに宿の予約を入れたけど、1泊しか取れなかった。
取れただけでも奇跡だったのでホッと一安心。
4月29日
京都⇒宇野 始発の鈍行に乗り、宇野を目指す
スムーズに目的地に着いた瞬間、コンタクトの洗浄液を忘れた事に気づく。
直島にコンビニがないイメージだったので、船の時間が迫っている中、近くのショッピングモールに走る。
小雨に、ロングスカートの相性は最悪だった。
近くとは言え、全速力で10分は掛かった。
どうにか船の乗り場にたどり着き、切符を買い、慌てて船に乗る。
息を整え、優雅に船と自撮りをする落ち着き様。
ただ、私は宇野⇒直島ではなく、宇野⇒高松の船に乗ってしまったのだ。
14時の直島が、結局16時にたどり着くこととなる。

1泊2日の弾丸旅。
どうしても、今日中に直島銭湯と、ベネッセハウスミュージアムに行かねば、明日の予定が狂う。
一先ず、汗を流すために、直島銭湯。
1時間後、ベネッセハウスミュージアムに向かう。
直島に行くとは言え、何も調べていなかった。
観光協会で貰った地図を片手に歩いて向かうこととなる。

みんなの読んで良かった!