「男と女の脳みその違い」

※注:すべての人に当てはまるというわけではありません。実際に当てはまらない人に何人も出会いました。 が、まぁ、7~8割は当てはまっちゃう。 非常に優秀な臨床心理士に、私もハメられた。 こうだ。 女:「もう、あなたとは離婚するわ!!」 私(男):「わかった、少し時間をくれ」その間に資産の振り分けや、子供への意志確認、双方の実家への報告準備、新しい住居の選定などなどを済ませて、「よし、明日離婚届出しにいこう」 女:「あなた何も分かってないのね。私は離婚したいと思うほど辛かっただけなのよ」 もう完全にかみ合ってない・・・。 臨床心理士に言わせると、感情表現でコミュニケーションをするのが女性の特徴で、男性はあくまで論理的に根拠づけしてコミュニケーションをするらしい。 だ・か・ら・・・・・私は女性のオペレーターや営業が嫌いだ。 話がつかない。 自分がいまどこまで把握していて、いま数分の間にどこまで確認できて、その結果によって私にどのような影響が出るのか、もっと言えば突っ込んだ話をしたときに言い訳できない正当な、納得できる理由を言えない。 だから、ちょっとでもだめだなと思ったら、代わらせる。 その方が話が早い。 報告内容も論理的だし、納期が遅れる理由の裏話で、委託先の物流倉庫会社がやらかした。 なんて事情も分かれば、こちらも怒る気になれない。 と、いうわけで、声色は女性にかなわないが、オペレーターは男性が優秀。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のさとおじさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。