TV番組 The Real House Wives に見るなまのアメリカの女性の生き方

アメリカでは、金持ちの男性に群がる女性たちのことを(今は女性だけではないが)ゴールドデガーと呼ぶ。アメリカの歴史を考えればその言葉がどこからきたかだいたい想像がつくと思う。あまり良い言葉ではないので、適当かどうかはわからないが、その感覚を少し持ちあわした女性たちを描いたTV番組がThe Real House Wivesである。そこに出ている主婦の中には、結婚はビジネスであると豪語している人もいるぐらいである。リアリティ番組の中では、アメリカの主婦や若い女性に圧倒的な人気で、その番組に出ている普通の主婦だった人たちは今や、芸能人となり、雑誌やTVにたくさん出てお金を稼ぐようになった。もう主婦ではないのである。主婦からセレブになったのだ。
なんで、この番組がこんな人気になったかというと、彼女たちが普通の生活では考えられない生活をしているからである。この番組に出ている女性の70%が金髪で(ほとんど染めている人が多い)、顔にはボートック(しわを伸ばす注射)をして、毎日ジムで体を鍛え、体の線が出るドレスを家でもきて、豪邸に住み、家事をすることもなく、いつも高級な店で買い物をし、ゴージャスなレストランで食事をする生活なのである。普通の主婦の生活とは程遠い生活、アメリカ人の夢のライフスタイルを本当にしている人がいることが、受けるのである。
しかし、彼女たちのこのゴージャスな生活はほとんどが夫の経済力の上に成り立ったものであるから、経済的観念がまったくなく、とても不安定で、友達同士言い争い、離婚や結婚を繰り返す。それを視聴者は面白おかしくみるのである。リアリティ番組が受けるのは、本当にこんな人たちがいるのかと、自分と全く違う世界の人の生活に入っていけるからである。自分がそこで生活しているような感覚になれるからである。そして、彼女たちの何人かは、夫から自立して有名になったことを生かして、賢く自分のビジネスを初めて成功している人もいる。
そうかと思えば、アメリカには夫と子供たちとの生活を大事にしながらも、フェイスブックで何十億円という年収を稼いでいるキャリアウーマンもいる。この国には女性に生き方のチョイスがいっぱいある。
夫だけに頼るゴールドデガーをやめて、自分の足で生き始めている女性に輝きを感じるのはわたしだけだろうか。あなたはどうおもいます?

興味があるひとは、BravoTVのサイトをしるしておきます。見てみてください。





みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。