美人な後輩と一緒に仕事をしようと言ったら実現した話

出会いは


大学院でした。


同じ研究室の先輩・後輩


どちらかと言えば、嫌われている先輩でした。


宣言したのはあたし

先輩である僕が、彼女に言ったのです。


絶対お前と仕事するから…


ある意味ドン引きされました。


10年過ぎて

私は、起業して1年が過ぎてました。


ひょんなことで、彼女と再会し


近況を聴くと


『出産を機に会社を辞めなきゃいけなくなった』と


すかさず猛アタック

給料安いけどうち来いよ


一緒に働こうよ


福利厚生頑張る


そりゃもうメチャクチャアタックしました


結果


一緒に働いてます。


今は、産休期間ですが、


入院時に見舞いに行くのは当たり前


市役所に保育所の相談に行ったり


会議は、保育所の前


お腹が緩かった次男坊のおしめをかえたり

男女共同参画社会?

何か難しいことは、わかりませんが、


取りあえず、


運と


言いだしてみることと


マメさと


事業を継続させていくこと


これしかないかなと思うのですが。。。


おわりに、共同参画社会を実現するには、


制度以上に、思いやりが必要だし、愛情も必要だと思うのです。



著者の日高 啓太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。