25人生の岐路 / 卒業制作の穴

1 / 4 ページ

前編: 24人生の岐路 / 自分はなにがしたいの?
後編: 26人生の岐路 / 就活の妥協
卒業制作の選択に後悔したと今でも思っている。
胸を張って頑張りましたとは言えない。
四年間の集大成がこの作品ですと言うのは恥ずかしいほどだ。
それなら三年生の時に作った『こおり鬼』を卒業制作としたいぐらい。
とても悔やまれることだ。
でも、卒業制作の選択肢をしたのは自分だ。
クレジットのスタッフにも自分の名前が明記されている。
自分はこの作品で卒業認定をもらったのだ。
今更つべこべ言っても仕方ないとは思っても、後悔だけが残る。

その後悔を綴っていく。

卒業制作が授業として始動したのは4月に入ってすぐ。
卒業制作の予算が決められるプレゼンが始まりだ。
各組が先生方の前でプレゼンをする。
その内容によって学科から予算が支給されるのだ。
多い組で8万円。
一様、スタッフの人数によって、1人1万×人数が配当となる。
ただ、良ければ予算は上がるし、内容があまり良くなければ予算は下がる。

その後、月に一度の授業があるだけだ。
授業と言っても、卒業制作ではなく、撮影が終わった後の観せるほうだ。
卒業制作展といわれるもの。

そのため、ほとんど自主的にスケジュールを組んで、撮影、編集、整音をされ、合評、卒業制作展となるのだ。
担当の先生と話し合いを行ったりもする。

私の組は、8人。
私以外は、男子。
特に気にする必要もなかった。

撮影のスケジュールとしては、
4月〜6月 脚本完成
7月〜8月 キャスト決定
8月〜10月 撮影
その後    編集
→完成という流れだった。

でも、あっという間にスケジュールは崩される。
脚本に関しては監督に任せっきりだった。
MもFも私も、とにかく就職活動に励んでおり、他のメンバーも監督に口出しする者はいなかった。
ただ、いっこうに脚本があがらず、ついにMと私は監督を呼び、話を聞いた。
Mは助監、そして私はプロデューサー。

みんなの読んで良かった!