『~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第二十五話』

前編: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第二十四話
後編: 『~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第二十六話』

第二十五話 この日、部下に新たな子供が生まれた

秋田県秋田市

≪秋田県秋田市 秋田市街≫

8月5日 PM5:00
 秋田の街は、にぎやかだった。
 竿燈まつりが行われる。
 取りあえず、祭りに行こう俺は動いた。
 『おー祭りだ。祭り』
 交通整理が少しづつされていく、道路を眺めながら、そんなコトバを一人で言っていた。
 あっ
 美人さんがいる。
 二人旅か……
 まぁ取りあえずアタック
 『どうも、変な旅人です』
 もう、自己紹介からして、軽い俺。そして、趣旨を説明した。
 「お断わりします」
 返答の巧さに、逆に写真は、どうでもよくなったのが本音の所。
 それから、旅の理由などを聴いてみた。
 なんでも、大学院最後の旅で、次の目的地八戸で、卒業した同期と合流するという。
 しばらくお話するうちに、彼女たちの携帯カメラの写真撮影なんぞを頼まれる様になった。
 そこで、もう一度お願いしてみた。
 「仕方ないな」
 快諾なお返事がきた。
 はい

 チーズ

 パチリ

 街はどんどん暗くなっていき、踊りを経て、ダイナミックな竿燈のお祭りに


 


 

 お祭りも終り、
 『素敵な旅になりますように』と言い、俺は、ホテルのある秋田市内へ帰っていった。
 帰る途中に、イケメンの若い二人が喫煙所にいた。
 ライターをなくし、タバコを吸いたかった俺は、声を掛けた。
 『お兄ちゃん。良かったらライター貸してくれへん?』
 そこから、イケメンなお兄ちゃん達との会話が、始まった。
 実際、美女だけでなく、イケメンにも撮影させてくださいと言ったこの旅。
 実際に撮影できたのは、一人だけである。
 それは、また後の話としよう。
 イケメンな彼らは、地元秋田の22歳の社会人と東京で働く22歳の男の子。

 写真撮らせてのお願いも、むなしくイケメンは、撮影できなかった。
 彼らのお祭りの目的は≪ナンパ≫
 そこで、
 『おっさんが、声かけたろかい?』
 なんて、調子に乗ったことを言ってみた。
 イケメンの一人が
 「兄貴のカッコいいとこ見たいっす」
 なんて言ってくれる。
 そこで、≪突撃≫してみたら、お話できた。
 とは言え、俺は≪ナンパ≫目的の旅ではないので、その子達の働くとか恋愛観とかを聴いて、イケメン達に後を託した。
 さて、ホテルに帰り一息着いたところでLineが鳴った。

≪秋田県秋田市 コンフォートホテル≫

8月5日 PM10:57
 入院しているかちこさんからだった。
 「でた」
 すぐに、送り返した。
 『おめでとう。よかったよく頑張りました。』
 次に来たLineが
 「いてーいてー」
 何より、無事で良かった。
 何より、母子ともに元気で良かった。
 
 これから大変な道のりのスタートだけど、良かった。
 

続きのストーリーはこちら!

『~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第二十六話』

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。