33人生の岐路 / 血だらけの顔

1 / 2 ページ

前編: 32人生の岐路 / 溝の修復期間
後編: 34人生の岐路 / さよならはすぐそこ
内定をもらってから1週間後。
私は引っ越しの準備に追われていた。
とにかく部屋のものが多い。
書籍に、衣類に、作品に…。
家がゴミ屋敷となっていた。

ある日、大量の衣類を売りに出かけた。
家から自転車で15分のところにある買い取りや。
一度で済ませたかった私は、登山用のリュックに服をつめ、さらには大きな布バッグ2つに服をつめ、その状態で自転車に乗り、お店に向かった。
ただ、横着をしたことで、自転車ごと一回転をした。
ロードバイクだったため、両ハンドルにかけた鞄のうち、片方が前輪に引っかかり、そのまんま一回転。
私は顔から地面に落ちたのだ。

何が起きたのだ。
思考回路が停止した。

幸い、大学の目の前で自損した。
人があまりいない時間帯だったのも救いだった。

たまたま、私の横を通り過ぎた子に「大丈夫ですか?」と言われた。
自転車の下にうずくまり、起き上がれなかったからだ。

体よりも、顔に異変がある。
何だか分からない。
でも、顔がものすごい勢いで膨らんでいるのが分かった。
膨らむってか、腫れているのか。

声を掛けてくれた子は私の顔を見て驚いていた。
大量の血が出ていたようだ。
ティッシュがなかったため、マクドナルドで置いてある口ふきようの紙を私の顔に貼り付け、その状態で保健室に連れてってもらった。

保健室の方々も驚いた表情。
自分の顔が気になるけど、鏡を見るのは怖い。
取り合えず、状況を説明し、近くの病院に連れて行かれることとなる。
話すだけで唇がパンパンに腫れているのがよく分かる。

病院で自分の顔とご対面。
とにかく気持ち悪かった。
まぶたも、ほっぺも、すべて腫れていた。
自分の顔なのに別人みたい。
鏡の中の人物は誰なの?と錯覚してしまうほどだ。

救いだったのは、ロードバイクが故障しなかったこと。

みんなの読んで良かった!