【人生を変える方法論】自転車で2400キロ走った高校1年16歳の夏休み編

1 / 2 ページ

僕の人生は弟との比較に始まり、


弟との比較に終わっていくところでした。



この方法を知らなければ。



弟:東京大学大学院卒業

僕:大学卒論提出時に診断書を大学に提出
  担当教員の先生のお陰さまで何とか卒業できました。

→そして、その後もその差は広がって行く〜



同じ親から生まれて、同じ家に育ったのに。
何でこんな差ができてた!
これは人生最大の謎でした。

これはおかしい!そう思いました。
何でこんなに人生違うんだ。



神様はいないのか。

神様は嘘つきですか?

誰のせいでこんなことになったんだ!

絶対親が悪いに違いない!!!
いや。絶対に親のせいだ!

そう信じて疑っていませんでした。

じゃないと、何でこんな差ができるの?

神様〜 おかしくないですか?????

僕だけ橋の下で拾われてきたんですか〜?

でもなければ、何でこんなに差ができたんですか???

本当に謎で謎で仕方なかった。



今の人生で十分幸せだという人は読まないでください。
お役に立ちません。


だけど、変わるんだ
こんな人生はもう嫌だ。
そんなあなたには役にたちます。
是非最後までどうぞ。


こんな人生はもう嫌だと思った16歳の夏休み。

何かができる自分なら、ここに存在してもいいのかな?

何かができたら、人生変わるのかな。

そう考えた当時、自転車で2400キロ走ってやろう。

そう思って、テントと、寝袋と、自転車に積んで1人旅に出ました。


そう。京都から、北海道の北の端。

日本最北端の地を目指したんです。

地名をご存知ですか?

宗谷岬といいます。 

 ↑

一度行ってみてください。特に何もないですが。

日本の端っこです。


総重量何と30キロ。


重たくて、少し走るだけでもヨレヨレしてしまいます。

みんなの読んで良かった!