【人生を変える方法論】自転車で2400キロ走った高校1年16歳の夏休み編

僕の人生は弟との比較に始まり、


弟との比較に終わっていくところでした。



この方法を知らなければ。



弟:東京大学大学院卒業

僕:大学卒論提出時に診断書を大学に提出
  担当教員の先生のお陰さまで何とか卒業できました。

→そして、その後もその差は広がって行く〜



同じ親から生まれて、同じ家に育ったのに。
何でこんな差ができてた!
これは人生最大の謎でした。

これはおかしい!そう思いました。
何でこんなに人生違うんだ。



神様はいないのか。

神様は嘘つきですか?

誰のせいでこんなことになったんだ!

絶対親が悪いに違いない!!!
いや。絶対に親のせいだ!

そう信じて疑っていませんでした。

じゃないと、何でこんな差ができるの?

神様〜 おかしくないですか?????

僕だけ橋の下で拾われてきたんですか〜?

でもなければ、何でこんなに差ができたんですか???

本当に謎で謎で仕方なかった。



今の人生で十分幸せだという人は読まないでください。
お役に立ちません。


だけど、変わるんだ
こんな人生はもう嫌だ。
そんなあなたには役にたちます。
是非最後までどうぞ。


こんな人生はもう嫌だと思った16歳の夏休み。

何かができる自分なら、ここに存在してもいいのかな?

何かができたら、人生変わるのかな。

そう考えた当時、自転車で2400キロ走ってやろう。

そう思って、テントと、寝袋と、自転車に積んで1人旅に出ました。


そう。京都から、北海道の北の端。

日本最北端の地を目指したんです。

地名をご存知ですか?

宗谷岬といいます。 

 ↑

一度行ってみてください。特に何もないですが。

日本の端っこです。


総重量何と30キロ。


重たくて、少し走るだけでもヨレヨレしてしまいます。


「あぁこんなに重かったら、友達が言うように、
 1日で嫌になって帰ってきちゃうかもしれないな。。。」

だけど、家にいるのは窮屈で。
息が詰まって死にそうだったから。

いけるところまで行ってやる!

何かができる自分になりたくて、35日かけて目標を達成しました。
何かデカイことができる自分なら。
その存在を認められるかな?そんな風に思って。

自分には価値がない。
自己否定の塊。
何かができないと価値がない。

そんな思いを吹き消すために、
来る日も来る日も自転車をこぎ続けたあの日。

今振り返ると、凄くいい経験になったことは確かだ。

だけど、そこで、自分の人生変わったか。
と言われると。


その時は変わった気になった。
だけど、

あれ?おかしいなぁ。その後思い返してみると。
ん?あれがあって本当に自分の人生変わったのか?と言われると。
あれ?変わってないやん?

あれ?おかしくないかい?

そう気づいたのは何と14年後。。。

30歳になった今でした。


何も変わらなかった。。。

うそだーーーーーーーーー。



おーーーい。おかしいよーーー と叫びたくなった。

何かが出来るようになった自分には価値があるんじゃないですか?

神様〜 違うんですか?

教えてくださーい。




そんな人生が完成していたのにも、理由がある。

そいつの名前を【人生脚本】という。


そして、そんな行動では変われないことにも理由がある。

そんな行動のことを【強化行動】という。


そう。自転車で日本一周しても人生変わらないんです。
何かができる自分なら変われると思って
挑戦してみても変われなかったあなた。

僕もそうでした。

人生はこんな風に変わらないままなのでしょうか。
いやそれは違う。


必殺技を見つけました。

その名は【ビリーフチェンジ】 

これに出会って、僕の人生は少しずつ。

いや確実に。大きく変化してきました。



(画像はうちのワンコです。)

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の塩澤 順哉さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。