【地球の歩き方の注意コラムを実践したお話①】微笑みの国で銃を突きつけられたお話

次話: 【地球の歩き方の注意コラムを実践したお話②】ホーチミンで軟禁されかけたお話【前編】

旅行者が注意すること。

  • 知らない人にはついて行かない
  • 危なそうなところには近づかない
  • 夜は出歩かない
こんなところでしょうか。
けど、こんな旅行面白く無いですよね。
大学は卒業絶望、友人達は単位問題なし将来お先真っ暗(たったこれだけで)半ば自暴自棄にバックパッカーをやっていた頃のお話です。
とりあえず、よくわかんないけど久しぶりに海外に行ってみるか!と思いたちせっせとバイトをしてバックパッカーの聖地(?)タイのカオサン通りに行ってみました。

時間だけは腐るほどあったので、Fix/Openでシンガポールまでのチケットを買いマレー鉄道なんかを乗継ぎタイまでやってまいりました。
まぁ黄金ルートですよね。東南アジアをぐるっと下からという。
タイについて2週間位たった頃でしょうか。
一泊80B(¥240くらい?)のお世辞にも綺麗と言えないドミトリーに寝泊まりしダラダラし始めていました。

(注:画像はイメージ。実際この100倍汚い。が、住めば都。
その日も熱帯夜で寝れなく、バーでお酒を飲んでいたら同じ部屋に泊まっていたKが

K
TAKA!ちょっと妖しいトコ行ってみようぜ!
ん?良いよ!どこいく?
K
ほら!中心街!
とのことでトゥクトゥクを20分程走らせ絵に描いたような妖しいところへwww

するといるわいるわ怪しい人!!
面倒なので英語もなんちゃら語も全て日本語にします。カタカナは多分日本語。
妖しい女性
オニサン!マッサー!
妖しい男
イイコソロッテルヨー!オニサン!ススキノ!ススキノ!
wwwwwwwちょっ!ススキノ!wwww
と声をかけられながらも歩いていると
素人(?)女性
こんにちわ~なんか、この街つかれますよねー
と近づく、一般女性風アジアンビューティーな女の人に声をかけられる我々!
しばらく雑談していると近くに深夜もやってて中々通好みなお店を知っているとのことで酔っ払っている刺激を求めていた若者二人は声をかけられて女性にホイホイと付いて行きました。
確かタイの中心部だと1時以降かな?はお酒を出してはダメとの事で、いかにも非合法な感じの妖しい雑居ビルに入って行きました。
雑居ビル二階の部屋に入ると暗い店内にミラーボール、飲み屋と言うよりだだっ広い事務所を暗くしてソファーと机を置きました。というような店内。
何を頼もうかな〜と見渡していると従業員がウィスキーのボトルを持ってやってきました。もうね、店の外見・内装だけで怪しいのにメニューは無い。頼んでもいない新品のウイスキーをボトルで持ってくる。この時点で怪しすぎるでしょ。
すかさず

これいくら?
と聞くと

店員
6000B!(¥18000ぐらい?)
wwwwボッタクリキター!!!www帰るからそのボトル知らんからな!
と怒鳴り気味言うと、
カシュッ!
と良い音。。。
別の店員が開けてやがんのwww
開封したから払え!とのこと。
正直こっちは頼んでもいない酒を持ってきて、その上勝手に開けたボッタクリウイスキーに払う気なんか微塵もなくイライラしながら、しばらく口論した後Kと一緒に外へ逃げるように出ると階段の下に何かいる!!めっちゃ怖そうなガタイの良いお兄様が・・・
要約すると、お店に呼ばれてきた警察官とのこと。
私服だしさ、目つき悪いしさ、警察っぽさの欠片も無いわけ。
とりあえず、
「警察手帳見せろ!」
と言ってみると、その警官(?)が腰辺りをモゾモゾして拳銃出してこっちに向け始めました。
そして、カシャッとリロードの様な動きをして道端に
カランカランッ
と落ちる薬莢。。。
え?嘘でしょ?死ぬの?たった6000Bで死ぬの?
撃たれたら痛いんじゃなくて熱いんだってなぁ。とか思いながら

分かった分かった!払うから!全額払うから!とりあえず落ち着こう?ねっ?
と、なだめつつ大人しく財布からお金を出そうとするとKが

K
やっぱりおかしいよ!なんで払うんだよ!俺達開けてねぇジャン!
なんて、怒鳴り始める。。。
いやいやいやいやwwwww払おうよ。死ぬんだよ?ホントに死ぬんだよ?

撃つ気ないかもしれないけど、状況見ようよ!酔っ払った若者二人をどうこうするなんて朝飯前でしょ!
と言うとKが舌打ちしたかと思うと店員に向かって笑顔でディスカウント交渉始めとるwwww
さすが、大阪人www
結局、半額の3000Bを払い警察官(?)と笑顔で握手をしてタクシーに乗り込む。
窓の外を見ると笑顔でこっちに手を振っている、最初のアジアンビューティー。
あぁ・・・そういうことだったのね。そうだよね。オカシイもんね。
あなた1Bも払わなかったもんね。
タクシーで興奮気味にKを見るとニヤニヤこっちにウイスキーを見せるK。
あの状況で、値切った挙句にウイスキーまで持ってきやがった。。。
大阪人恐るべし・・・
朝までカオサン通りで二人でそのウイスキーを飲みましたとさ。。。

皆さんは、決して真似しないで
  • 知らない人にはついて行かない
  • 危なそうなところには近づかない
  • 夜は出歩かない
をお守りください。比較的、大人しくしていれば治安は良い国です。
面白いところも沢山あります。
次回は、ベトナム編をお届けする予定です。

続きのストーリーはこちら!

【地球の歩き方の注意コラムを実践したお話②】ホーチミンで軟禁されかけたお話【前編】

著者のkemibana Tさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。