引っ越しと転校とちょっと心の変化

小学3年生の3学期という変なタイミングで
坊家は京都の伏見から福知山へ引っ越しすることになりました。
とーちゃんがパン屋を独立開業することになったのです!!
(福知山はかーちゃんの実家があるところ)
伏見にいるころは
とーちゃんが外にパンを作りにいっていました。
パン屋は朝が早いので、毎朝5時にはとーちゃんは家を出ていたので
まったく働いているという実感はなかったです。
しかし、引っ越しして
家がパン屋になりました。
帰ると、とーちゃんとかーちゃんがいつも
必死にパンを作り お客様と楽しそうに話していました。
目の届くところに常に両親の「働く背中」がありました。
そんな訳か子供ながらに
「働くこと」についてずっと考えていました。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のBou Syouichiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。