34人生の岐路 / さよならはすぐそこ

1 / 2 ページ

前編: 33人生の岐路 / 血だらけの顔
後編: 35人生の岐路 / 6人姉妹
2013年3月16日 京都造形芸術大学 芸術学部 映画学科 プロデュースコースを無事に卒業した。
偉大なる先生方の話は私の胸に響き、とても心地がよかった。
卒業の実感を噛み締めた。
その後は、各学科ごとに集合写真を撮り、担当教授から卒業証書を授与された。
寂しさはなかった。
むしろ清々しい気分。
授与が終わった後はみんなで写真撮影会。
わいわい。
がやがや。
私は一部の友人の写真に写り込み、足早に大学を出ることとなる。
ほとんどの写真に写ってないじゃーん!と後から言われた。
理由は、
トイレに行きたかったから。
引っ越しが3月18日にも関わらず、片付けが全然終わっていなかったから。
母が一緒になって引っ越しを手伝ってくれることになっていましたが、3月15日の時点で母の雷が落ちるほど目処が立っていなかった…。
卒業式の涙を拭いている暇はなかったのだ。
ただ、その夜、謝恩会があったので友人には会えるから大丈夫だろうと思って、写真もあまり撮らずに帰ったと思う。
家を出発するギリギリまで引っ越しの準備をし、謝恩会に向かう事となる。
謝恩会と言えば、
ホテルを予約して、いつもより背伸びしてドレスなんか着て…と想像するだろう。
私の専攻する学科は普通の飲み屋だった。
普段の服装に、謝恩会というより、飲み会みたいな感じだった。
でも、それがよかった。
自分達に合っているというか、そのまんま感が際立っていた。
私は早いスペースでビールを飲み、初版からベロンベロンの状態になったが、すべて記憶には残っている。(ネタですべて飛んだ…と言っているが、もちろん冗談である)
友人とはもちろん、先生方とお話した。
先生とは1対1でお話をし、四年間のお礼と、今後の進路を含め、熱く語った。
握手もかわした。
北白川派でさんざん迷惑をかけた先生とも和解をし、がっしり握手をした。
先生「大橋にはよく振り回されたな」
わたし「…はい」
先生「でも、就職が決まって良かった」
わたし「ありがとうございます!」
先生「なんかあったら頼れよ」
わたし「はい!」
先生「俺の連絡先、知ってるよな?」
わたし「知りません」
先生「…大橋って最後まで大橋だな」
苦笑いされました。

みんなの読んで良かった!