高校時代は日本の教育に疑問。今は教育業界で働くワーキングウーマンの話し。

1 / 4 ページ

附属校で大学受験を回避する目的で選んだ高校時代

幼稚園から大学まである都内の一貫教育の私立女子校で育った私。

この肩書きだけ聞くと人の多くは、「お嬢様だね」と言うわけですが、本人はものすごく親の敷いたレールの上を歩くことへの苦痛をひたすら感じる日々だったということを前提としてお伝えしておきます。

その私立女子校(厳密には小学校までは男子が数名いる)は素晴らしい学校でしたが、中学からその校風に合わなくなり、こんな環境を敷いた親に反抗する感じで高校受験をすることを決意しました。

中学はなぜだか優等生の部類に入っていて、学級委員とか取りまとめ役に任命されることが多かったのですが、それは私にとって苦痛以外の何者でもありませんでした。

小学校は単なるムードメーカー的なところで学級委員に選ばれ、のほほんとのんきに日々クラスを盛り上げて楽しくやってればよかったのが一転、真面目キャラに仕立てられた中学時代はどうにも自分らしくは過ごせず、一人孤独に苦しみました。

そんな状況を打破したいという一心で高校受験という山に挑んだと言っても良いかもしれません。とにかく状況を変えたかった。新しい自分として出直したかったんですね。

それで受験に挑んだわけですが、全落ちしても仕方ないような受験の仕方で、なんとかギリギリセーフで中央大学杉並高校に受かりました。


女子高育ちであった私は、共学であることにもワクワクしていましたし、何より新しい自分として再スタートできることを嬉しく思っていました。

ところが・・・

自分でも予想以上に、高校に馴染めなかった。。

追い打ちをかけるように、高校1年の7月、母が他界。

私が中3の秋に発症した膵臓癌が手術後悪化し、あっけなく死んでしまいました。

花の女子校生ライフを描こうなん一瞬夢見たのも束の間、私はネガティブで暗い、自分の殻に引きこもった冴えない女子高生となりました。


たった1人の親友とともに乗り越えた日々

「世の中は理不尽だ」。

そう思いながら日々過ごしていた私は、ものすごいマイナス思考でした。

全然楽しくない高校生活に、絶望すら感じる時もありました。

唯一の救いは、1人だけ高校でできた親友の存在です。

彼女と毎日一緒にいて、飽きずにいろんなことを話し、漠然とでもドデカイ夢を語り合ったして日々やり過ごしてました。

そして2人とも附属高の特権でありながらも、中央大学にまったく自分の進路を見いだせずに、何がしたいんだろう?何が自分には合うのだろう?と悶々ともがくことになるのです。


高校2年までドン底の成績。絵の道に進みかける

無気力全開の高校1、2年の頃は、当然ながら成績も奮わず、本当にやる気が微塵も起きませんでした。

クラスの下から1番・2番を争う勢いで、ひどいテストの点数をたくさん自分史上に刻みました。

学校の勉強から逃れるように、昔から習っていた「絵」に没頭するようになり、油絵をいつしか本格的にやっていました。

そして、いつしか「絵の道に進もう」と思い始める自分がいることに気がついたのです。

しかし、美大出身の父親に相談するも、あっなく反対される始末。

娘には同じような道を歩んで同じような苦労を味わわせたくなかったか、

「少し頑張れば希望の学部に行ける中央大学で4年制大学というものを経験してみて、合わなければ軌道修正すればいい。」

それが父親からのアドバイスでした。

私は悩んだものの、自分の絵の実力にも自信が持ちきれない、なんとも煮え切らない状況だったので、高校3年になったタイミングで中央大学への進学を決めました。


みんなの読んで良かった!