電車男―映画版の山田孝之は偽物で、ドラマ版の伊藤淳史が本物であることを見分けられる背景~プロローグ

後編: 電車男―映画版もドラマ版も結局本物だったけど、どうして本物なのかをせっかくなので論じてみようと思います
すみません、こちらせっかくリクエストいただいているのですが、書く時間がなかなかとれないので、先に予告を載せておきます。
ここでいう「電車男の本物性」とは、「電車男的な人」≒オタク、非リア充、コミュ障、恋愛経験に乏しい人→もっというと、「非電車男な人からネタか異質な存在として見られる人」の人物造形としての正確性を問うています。

いきなりですが、ここでクイズです。
この画像の中に、解答があります。
電車男的な人の特徴を語る上では欠かせないものが入っているのですが、それは何でしょうか?


そして・・、ここまで引っ張っておいて、大変申し訳ないのですが、改めて調べたところ、
山田孝之版の電車男も本物であることがわかりました。
・・・・。スミマセン。。
というわけで、この続きはもう書く意味がない気がしますが、もし読みたい方がいたら、「続きを聞きたい」をクリックか、上述のクイズの回答をコメントで投稿ください。
「詳しく聞きたい」5人以上か、コメント3件以上で、他に優先して続きを書こうと思います。



続きのストーリーはこちら!

電車男―映画版もドラマ版も結局本物だったけど、どうして本物なのかをせっかくなので論じてみようと思います

みんなの読んで良かった!