恋人たちとの会話

ある日の喫茶店にて

彼女 「お待たせ」

彼   「ずいぶん嬉しそうだね ~ 何かいいことあったの?」

彼女 「そうよ、よく分かったわね~」

彼  「そりゃあ、分かるよ、あなたの全身から喜びのオーラーが輝いているもの。それで何があったの」

彼女 「そう、家を出てくる前に、お母さんと人生について、語り合いルンルン気分で、家を出てきたの」

彼  「それは、普通の会話としては飛びすぎているね」

彼女 「そうよねぇ~それが不思議なの、母と顔を合わせた瞬間、ふっと口から出たのよ、そのおかげでルンルン気分だわ」

彼「気になるな~どんな会話だったの?」

回想 「自宅での母と娘の会話」

娘「母さん、人生って?」

母「あなたはどう思うの?」

娘「そうねぇ 私は人生は舞台装置だと思うわ、いい芝居も、悪い芝居も、様々な体験ができるのがこの人生という舞台だと思うわ」

母「その台本って誰が書いていると思うの?」

娘「それは、私自身書いているんじゃあないかしら」

母「そう、それじゃあ、あなたが今まで、楽しいことや、嫌なことを経験しているでしょう?」

娘「はい」

母「それでねぇ、そのすべての経験は、あなたが前もって台本を書いた結果として経験していると言うことになるんだけど、楽しいことはとにかく、嫌いなことまで、あなたの台本に書き込むの?」

彼女「ん~それはむつかしいわねぇ、私自身が台本を書いているとすれば、私の望んでいない台本は書かないでしょう・・・・これはと゜ういうことかしら、でもこれだけは言えるわ どんな経験であったとしても、その経験はやがて、私の血となり、肉となり、無意味なことはないはずだわ。」

母「それは、物事の捉え方と言うこと?」

娘「そうそう、起こってしまったことは仕方がないけど、それを私自身にとってプラスとして捉え、次のステップアップとするか、いつまでも気にして、落ち込むかどちらかだわ」

母「そう、私は今あなたの考え方にものすごく感動しているの、私から説明することはないわねぇ~すでにあなたは私を越え、どんな状況でも生きていける考えを身につけたのだから、あなたを生んで良かったと思うわ」

娘「母さんにそう言ってもらえると、とても嬉しい、私も驚いているの、ふっと思い浮かぶ言葉を口にしたら、なんだかすっきりとしちゃって、次に進めそうだわ、母さん聞いてくれてありがとう」」

母「いいえ 私の方こそありがとう」

娘「じゃあ彼氏に会ってくるねぇ」

母「がんばって」

娘「はい、いい台本を書いてみせる(*´∀`*)

ふたたび、恋人たちとの会話

彼女「・・・・・・・・と言う話なの」

彼「へぇ そうなの、素晴らしい話だったね、しかし、ひとつ矛盾が残るよ?」

彼女「何が矛盾なの?」

彼「あなたの台本でいけば、ここで僕たちがこう話している会話すら、一言、一言台本に書かれ、その通りに進行していることになってしまわない?                            はたしてそんなこと有り得ると思うかい」

彼女「そうよねぇ~そういった点を見逃していたわ、これはどういうことかしら」

彼女「ところで~あなたは「鏡の法則」という本を読んだことがあるかしら」

彼「どんな本だい」

彼女「その本によると、人間関係は、自分の意志の反映が投影され、他人もそう言う面を見せるという話なのよ」

彼「分からないよ、もう少しかみ砕いて説明してよ」

彼女「そうねぇ~私が穏やかで人に接すれば、相手も穏やかな面を見せ、私の心が波立っていれば、相手は険しい面を見せるとと言うことなの」

彼「それは分かる気がするね、機会があれば読んでみよう」

彼女「いい本だから、今度会うとき貸すね~」

彼「ありがとう、でもさ、さきほどの疑問とどうつながっていするの?」

彼女「う~ん、困ったわ、つながっていないの~この話は今度会うまでに考えておくわ」

彼「あなたが、そう言うのであればそれでいいよ」

翌日、大学構内

彼女「おはよう」

彼「おはよう、昨日言っていた答えは出たの?」

彼女「あれからずいぶん考えたの」

彼「聞かせてよ」

彼女「人間関係が絡むと、台本に矛盾が生じるんだったわねぇ~」

彼「そうだよ、それで」

彼女「私なりに考えて見たの、この世界はいろんな関係によって成立している世界だわ。 たとえば、、今学校の中で様々な人との交流するでしょう。社会に出てからは、その中で様々な人との出会いや別れがあるわ」

彼「それは分かる、それで」

彼女「時間と共に変化し、すべては記憶として残るわけでしょう。」

彼「つまり、自分史と言うこと?」

彼女「そうそう、記憶の中では物語の一部なのよねぇ」

彼「ちょっと、それって焦点がぶれていない」

彼女「どうして」

彼「僕たちは、通り過ぎたことを問題にしているのではなく、一人、一人独自で、思考・言葉・行動が互いに絡み、今の状況を創っていることは疑いないんだけど、問題はこの人生という舞台で、一人、一人が台本を書き、その通りに進行しているならば、今僕たちがこうして交わしている会話も、お互い上の台本で一致しなければならないことになるよ。     そんなこと有り得ると思うのかい?」

彼女「そうよねぇ~微妙な問題だわね」

彼「一致すると言うことになれば、運命は決まっていて、人生のおもしろみは消えてしまうよ」

彼女「そうよねぇ~あなたの言うとおりだわ、しかし、こうも考えられるんじゃない。未来は決まっているけど、見えていないから、私達にとって存在していないことと同じだと思わない。」

彼「そうかも知れないねぇ、でも未来は決まっていると仮定すれば、僕が幸せになれ、金持ちになると決まっていれば、当然働く気が失せて、ぐうたらな生活をすれば、どうだろう」

彼女「それは嫌だわ、その人生の行き着く先は見えているもの」

彼「幸せで、金持ちになれないてこと」

彼女「あたりまえじゃあない」

彼「そうだよねぇ、それでは運命なんてないって言う話になり、台本なんて存在しないことになるんじゃあない。」

彼女「んーあなたはさっき「今 現在が僕たちの思考、言葉、行動が互いに絡み、今の状況を創っていることは疑いないんだけど」いっていたんじゃあない。

彼「それは青写真としてと言う話で、台本とは又違うと思うよ」

彼女「運命なんて、私は認めていないだけど、過去の私の思考、言葉、行動よって今を形作っていることは、私も賛成だわ」

彼「僕たちにできることは、明日に向かって互いにいいプランを出し合って、納得いくように努力するだけではない。」

彼女「そうねぇ じゃあ今度どこに連れて行ってくれるの?」

彼「神戸の港でもみてみる」

彼女「いいねぇ ぜひつれていって・・・・・」

数日後、彼女が電車の中で彼を見つけて…

彼女「こんばんわ」

彼  「びっくりした、偶然会うとは不思議だね」

彼女「電車の中であなたを見つけた。本当に偶然ね、こんな事ってあるんだ」

彼 「僕自身、驚いているよ」

彼女「でも、あなたと話した事を考えてみたの」

彼「今度は僕を納得させる自信はあるかい」

彼女「あなたを納得させられるか分からないけど、私は私自身納得したわ」

彼 「そうか、では聞かせて」

彼女「何処に行き、何をするかという大まかな台本は、私自身が書き、行動するけど、細かい  ことつまり、その場で判断を必要とする場面は、その流れによって瞬間、瞬間に書き加えられていくと思うの」

彼 「あなたの台本には不確定な、私との会話とか友人との会話とかなどか?」

彼女「そうだわ、こういった偶然の会うといったアクシデントとか、あなたとの会話や人との  会話というのは不確定だから、始まってみなければ分からないの、それで瞬間、瞬間台本を書くと言うことに思いが到ったの~」

彼 「なるほど、それはずいぶん合理的で、矛盾のない考え方だ。僕自身興味をそそられるよ」

彼女「そうでしょう、そう言ってもらえると嬉しいし、こういった考えに到ったのは、あなたのおかげなのよ。」

彼 「ありがとう、私はただあなたの会話の中で矛盾を見つけそれを指摘したまでで、あなた自身がそれを見いだしたんだ」

彼女「ありがとう」

彼 「僕は偶然と言うことはなく、すべては思考が微妙な形で絡み合い、起きていると思うよ」

彼女「そうよねぇお互いの思考が引き合い、こうした現実が起こり、お互いのためになっているんですものね。」

  電車内のアナウンス「神戸、神戸・・・・・・・・」

彼 「駅に着いたみたいだ、では降りるね、また連絡するよ。じゃあね」

彼女「お休みなさい、またねぇ」


著者の大東 豊さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。