今の自分は、学者 でも夢は変わっていない

決して、高校時代優秀だったわけではないです。


そして、大学では下から数えて数番目 


成績悪くて単位が取れずに留年もしました。


大学院修士課程には、浪人していきました。


今、経営者と大学院博士後期課程という学生の両立をしています。


実際、高校時代の偏差値が50より下であっても


頭が良くなくたって


一生懸命ぶつかれば道は必ず開けます。


私がそうなのですから。


そんな自分の夢は、学者になること


毎年10,000人以上 日本の大学から博士号という学位が授与されます。


しかしながら、研究を生業と出来る人は、非常に限られてます。


でも、きっと続ければ答えが出ると思うのです。


だから今日も頑張れます。


サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の日高 啓太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。