学生時代に出会った、議員さんの話

大学1年の春休みの少し前、
大学生活ってこんなんだっけ?とか、
受験もしてないは私は、ちょっと周りの子より劣っている、とか、
よくわからないけど考えていた。
たぶん、だからだと思う。
大学の通学路でもらったビラにとても惹かれた。

【春の議員インターンシップ、募集中】

なんとなく、面白そうだと思った。



とりあえず、説明会に申し込んで参加してみた。
大学で友達と違う行動を1人でしたのは、初めてだったと思う。

日本人に帰化された議員さんが、ゲストでいらっしゃっていた。
とてもとても、新しい世界がそこにはあった。
テレビで見る、なんか嘘ついてそうで、黒々しそうな政治家とは、違っていた。

もう少し議員さんを見てみようと思って、議員インターンシップに参加してみた。
希望したのは下宿先から近くて、
すごーく小さい頃住んでいた市の議員さん。

議員になりたてで、
『一緒に勉強していきましょう』という言葉が率直で
政治のことを何も知らない私でも、受け入れていただけそうな気がした。

実際のその議員さんは、ともやさんは、
飾らず、謙虚に、ありのままの議員さんとしての姿を見せてくださった。

『何故議員をしてるのですか?』という問いかけに、
『明日死んでも後悔したくないから』と、答えて下さったことが、心に残った。

政治は、どこにあるんだろうと思った時に、
自分を取り巻く環境の、そこかしこにあることに気づき
自分が思っていた以上に、自分がその恩恵を受けていたことに気付かされた。

そんなことを思っているうちに、
私も何か世の中に良い影響を及ぼす生き方がしたいと思った。

10年経った今でも、ともやさんは私の素敵なお兄さんで、
今では市議会議員から県議会議員になられて、
より活躍の場を広くされている。
そして、その根底には
『明日死んでも後悔したくない』っていう気持ちがあるんだと思う。

明日からの日本も大丈夫、と思えるのは、
私にもそういう生き方がある、と思えるのは、
そんな素敵な議員さんに、大学1年の春、出逢えたからだと思う。

みんなの読んで良かった!