対自分との会話 Part2

前編: 対自分との会話
後編: 対自分との会話 Part3
自分との会話ということに気付いたのは中学生の時だった。
中学生と言えば、小学生と違って制服を着て少し大人になる頃ですね。
 
あの頃、私は入学して友達に誘われるがままにテニス部に入部し、
先輩にも好かれ同期にも親友がいて楽しかったと思う。
でも、皆さんにも経験があると思いますが・・・

人生で楽しかった時って一言で崩れちゃうんですよね・・・

それは、ごくごく普通にあること。
私はどうやら親友を傷つけることを言ってしまったらしい。
そこで、親友の友達が入ってきてややこしいことになってしまいました。
その親友の友達を仮に「大奥」とでも名付けましょう。
 
大奥
ちょ、あいつテニス部に来たんですけど、うざくな~い?
え~ マジ最悪なんだけど(笑)
こんな感じの会話を部活中に聞かされ、キツかったです。
それは、部活だけでなく、教室にも一気に広がって・・・
あれ、女子って本当怖いんですよ・・・
学校ほぼ全員無視(もしくは必要最低限しか絡まない)という状況へと。
学校が苦痛で苦痛で仕方なかったです。
 
 
そんな時に、ふと自分という人間について改めて考えるようになりました。

「そういえば、私はなんで人に嫌われるのだろう?」

親友に嫌われるならわかる。
どうやら、怒らせてしまったのだから。
でも、他の人にまで無視されるのは何故なんだろう?
私はかなり性格が悪いのか?
内なる自分
むしろ、大奥が関係ないのに悪化させてる方がおかしくないか?
いやでも、原因は私だし・・・。
内なる自分
なら、その親友とどうすべきだと思う?
話し合う必要があると思う・・・。
内なる自分
じゃあ、それをしよう!
これが、私の初めて自覚した対自分との会話だと思う。
対自分との会話って・・・

自分の本音を出すことが目的なんですよ

何かを悩んだとき、困ったとき、そこにどのような感情があるのか考える。

考えて自分に問うのです。

「なんで、そう思ったの?」
「それをどうしたらいいと思うの?」

その出た答えを疑わずに信じてあげるのです。

それが、あなたの本音なのですから。
 
 
結構信じることて難しいとは思います。
けど、自分のことを唯一絶対に裏切らないのが自分ではないでしょうか?
その自分を信じてあげてください。
だから、私は私の出た答えを信じました。
 
翌日、私は親友に話そうと思い、教室に朝早く来ました。
それから、教室が騒がしくなるころに親友がやってきた。
でも、話しかけられる状況ではなかった。
何故なら・・・

親友の横にいる大奥がこちらを睨みつけていたからです。

続きのストーリーはこちら!

対自分との会話 Part3

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。