職業ではなく、生き方を探せ。

世の中の多くの人は、職業につくこと、つまり就職することが重要だと考えている。
しかし、本当にそうだろうか。
どんな有名な大企業に就職しても、自分のしたいこと、やりたいことが見つけられなければなんにもならないし、自分が生きていく意味も失ってしまうだろう。
昔、理系の優秀な大学を出て、大手企業に就職した、年長の知り合いがいた。
入社当初から社長になることをめざし、トントン拍子で出世したが、途中で人間関係がうまく行かなくなり、ヘッドハンターからの誘いで、別の会社の重役に転身した。外側から見ていると、結構なサクセスストーリーに見えるが、家族内では、年老いた母親を冷たく扱ったり、長男が家庭内暴力を振るったりで、精神的にはとても不幸だった。そのうち、がんに罹って、今は消息もない。
こんなふうに、人を蹴落として、自分の出世ばかり考えて生きる人生への反省から、人はどのようにして自由になれるのだろうか。
いい会社、いい仕事、いい職業、そんなものだっけを追い求める人生ではなく、もっと自分にあった、すばらしい、生き方があるはず。だからこそ、職業ではなく、生き方なのだ。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。