知らないまちに飛び込んだ春。

「この地域のこと、なにも知らない…」
 
昨年の春休み議員インターンに参加を決め、2ヶ月間のインターンシップを行う議員が決まったと知らさせた私は、少し戸惑っていた。
 
わたしは埼玉県で生まれ育ち、大学は茨城県内。
議員インターンには、「政治が好きだから」という軽い気持ちで参加した。
そしたら、インターン先は、まさかの一度も住んだことのない、千葉。
行ったことは何回かあったけど、ほとんど知らない地域だった。
 
なにも知らないまちでインターンをして、わたしに何がわかるのだろうか。
その地域の内情とか、なにも知らない。
でもここまできたらやるしかないよねと、頑張ることを決めた。
 
そんな感じで始まった議員インターンは、驚きと学びの連続だった。
委員会傍聴とか、地域の調査活動とか、毎日が新鮮だった。
そして、活動をしていく中で、自分が活動している地域のこともだんだんわかっていった。
自分の知らなかった魅力が、だんだんわかっていった。
 
最初はせっかく政治を学ぶなら、自分に縁がある地域がよかった…と思ったりもした。
でも2ヶ月を終えて思うのは、全く行ったことのない地域の政治を学ぶことで、
逆に自分の住む地域の良さも見えてきたなあ、ってこと。
そして議員インターンで2ヶ月間走り回った地域は、
自分にとっても故郷のような存在になった。
 
いまはドットジェイピーのスタッフとして、議員インターンを広めている。
もっといろんな人に、いろんな地域のことを知ってほしいなと思っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

著者の篠木 菜月さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。