鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

1 / 6 ページ

こんにちは!

WEBの仕事をしながら世界を旅している阪口といいます。

2012年7月に出国以降、東南アジアとヨーロッパの7ヶ国に住みつき、現在も旅をしながら、旅資金を稼ぐ生活を続けています。

しかし三年半前、僕は鬱病で仕事を辞め、起き上がることもできない状態にいました。今日は、鬱病で寝たきりの状態から、どうやって世界を飛び回る力をつけたのか、お話させていただきます。


※この話は2014年4月、朝日新聞出版より出版されました。
⇒「うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を自由に飛び回るようになった話



2010年、寝たきりで迎えた、23才の夏。


2010年の23歳の夏。

社会人二年目で鬱病になった僕は、自殺未遂をして身体がおかしくなり、起き上がることすらできなくなっていました。


それまで僕は、小説家とミュージシャンを目指して奮闘していたのですが、将来が見えない不安と、才能のなさに諦め自暴自棄に。仕事から逃げ出し、携帯も壊し、友達も、家族も、夢もすべて投げ出してしまい、これからどう生きていけばいいのか全くわからない状態でした。


そんなふうにして半年くらい、ぐったりしていたのですが、


ある日窓の向こうの空を見上げていた時、

脈絡もなくふっと、

大学時代、バックパッカーをやってアジアを歩いていたことを思い出しました。


ああ、そういえば俺は、ずっと世界に出たいと思ってたな...



僕にはまだやり残したことがある。


バックパッカーをやっていた時、僕はレストランバーで働くタイ人の女の子に一目惚れをして、付き合ったことがあります。


しかし、その時大学生だった自分は、異国の街でできる仕事もなく、稼ぎ方もわからず、貯金がなくなったらもう帰国するほかに選択肢がありませんでした。

自分には、好きな人と一緒にいられる力すらない。スワンナプーム空港から成田へ飛び立つ飛行機の中で、もう、めちゃくちゃに悔しかったんです。


だから僕は、自分に約束をしました。

次に出国するときには、世界中どこでも生活していけるような力を絶対につける。

海外でもできる仕事を、ひとりでも作る。次に好きな人ができたときに、ずっと一緒にいられるように。

もう、こんな悔しい思いをしてたまるか!


そうだ、僕にはまだやり残したことがある。

あの時の屈辱を、まだ晴らしていない。

世界に出よう。そして、世界を舞台に青春をするのだ。

僕はただ、それだけの気持ちに従って、起業することにしました。



みんなの読んで良かった!