鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

1 / 2 ページ

こんにちは!

WEBの仕事をしながら世界を旅している阪口といいます。

2012年7月に出国以降、東南アジアとヨーロッパの7ヶ国に住みつき、現在も旅をしながら、旅資金を稼ぐ生活を続けています。

しかし三年半前、僕は鬱病で仕事を辞め、起き上がることもできない状態にいました。今日は、鬱病で寝たきりの状態から、どうやって世界を飛び回る力をつけたのか、お話させていただきます。


※この話は2014年4月、朝日新聞出版より出版されました。
⇒「うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を自由に飛び回るようになった話



2010年、寝たきりで迎えた、23才の夏。


2010年の23歳の夏。

社会人二年目で鬱病になった僕は、自殺未遂をして身体がおかしくなり、起き上がることすらできなくなっていました。


それまで僕は、小説家とミュージシャンを目指して奮闘していたのですが、将来が見えない不安と、才能のなさに諦め自暴自棄に。仕事から逃げ出し、携帯も壊し、友達も、家族も、夢もすべて投げ出してしまい、これからどう生きていけばいいのか全くわからない状態でした。


そんなふうにして半年くらい、ぐったりしていたのですが、


ある日窓の向こうの空を見上げていた時、

脈絡もなくふっと、

大学時代、バックパッカーをやってアジアを歩いていたことを思い出しました。


ああ、そういえば俺は、ずっと世界に出たいと思ってたな...



僕にはまだやり残したことがある。


バックパッカーをやっていた時、僕はレストランバーで働くタイ人の女の子に一目惚れをして、付き合ったことがあります。


しかし、その時大学生だった自分は、異国の街でできる仕事もなく、稼ぎ方もわからず、貯金がなくなったらもう帰国するほかに選択肢がありませんでした。

自分には、好きな人と一緒にいられる力すらない。スワンナプーム空港から成田へ飛び立つ飛行機の中で、もう、めちゃくちゃに悔しかったんです。


だから僕は、自分に約束をしました。

次に出国するときには、世界中どこでも生活していけるような力を絶対につける。

海外でもできる仕事を、ひとりでも作る。次に好きな人ができたときに、ずっと一緒にいられるように。

もう、こんな悔しい思いをしてたまるか!


そうだ、僕にはまだやり残したことがある。

あの時の屈辱を、まだ晴らしていない。

世界に出よう。そして、世界を舞台に青春をするのだ。

僕はただ、それだけの気持ちに従って、起業することにしました。



旅をしながらできる仕事を探したら、株、Fx、アフィリエイトの3つしか見つからなかった。


僕が最初にやったことは、自分の状態と向き合い、そんな自分でも、思い描くライフスタイルを叶える仕事を探すことでした。


人脈も、お金になるような技術や経験も、貯金もない。鬱病になってから、人と会うことがとても怖くなり、誰かと一緒にやるような仕事ができない。

それでも、世界に出たい。


僕は図書館と本屋に1ヶ月間通い続け、そんな条件が叶う仕事を探し続けました。


そうしてわかったのは、何か特別な能力や技術がない人間が旅先で稼ぐには、

 1.株をやる。 

 2.Fxをやる。

 3.アフィリエイトをやる。

という、3つの選択肢ぐらいしかないことがわかりました。


株は「長期的な視野」に立たないと失敗すると多くの人が言っており、

Fxは「リターンは大きいがリスクも高い」ということで、全財産を擦った人の経験談に恐れおののきました。

アフィリエイトは胡散臭かったのですが、「収益を上げるWEBサイトを作る」というビジネスモデルはいいなと思いました。WEBサイトを運営するのは、年に数千円もかからないですし、資金が少なく始められ、旅資金を稼げるだけの収入も得ることができる。


他に選択肢のなかった僕は、この仕事を選ぶことにしました。



まあ、驚くほど稼げない。

ということでアフィリエイトの教材を買って、

サイト作成ソフトを買い、サイトを作ってみるのですが、


まあ、驚くほど稼げない。


最初の1ヶ月はもちろん0円。2ヶ月目も0円。

3ヶ月目でようやく報酬が入ったのですが、これが320円。

1日8時間、月に25日働いたとして、3ヶ月で600時間。つまり、


じ、時給、0.5円....


もうこの数字を見たときは泣いた。

あまりの自分のビジネス力のなさに唖然としました。


あんた、最近なんかやってるね。何してるの?
い、いや...別に...なにもしてませんですよ?
まあ、動けるようになってきたのはいいけど、次どうするか考えないとねぇ。。。
そうですね...(アフィリエイトやってるなんで言えない)

成果も出ないし、親の目も痛い。

身体が動かない大義名分はありますが、22にもなって実家にずうっと篭っているのも苦痛になってくる。

このまま同じことをやっても成果は出ない。貯金ももうすぐなくなる。

ここは無理やり社会復帰して、働く感覚を取り戻さなくてはならないと思いました。



無理やり社会復帰をするため、福岡の旅館に住み込んで働き始めた。

そんなときに見つけたのが、旅館の住み込みバイトでした。



「住み込み」というと工場や肉体労働のイメージが強かったのですが、長期休み期間は、旅館やホテルの仕事も数多くあり、北海道の孤島から沖縄まで、働く場所を自由に選べると知りました。


日本中どこでも住み着いて働けるというのは、将来海外に出たい僕としては、願ってもない仕事です。


「ここで、踏み出すしかない」と思った僕は、勇気を出してその日のうちに申込み、1週間後には仲介業者との面接。


2週間後には、福岡の志賀島という、海に囲まれたとある旅館のウエイターとして派遣されることが決まりました。



体育会系九州男児に囲まれて過ごした2ヶ月間。

福岡で僕を待っていたのは、よく日に焼けた体育会系の、九州男児たちが働く職場でした。

僕はレストランのウエイターとして働くことになったのですが、ホールでお客様に接するだけでなく、厨房とのコミュニケーションも必須。この厨房が、もう、絵に描いたような屈強な男たちで、常に怒号が飛び交っている。まさに「バンビーノ」の世界。


たとえば、厨房に食器を戻しに行くと、

仕事なめてんじゃあねぇぇえぞぉぉぉぉぉおおおおお!!

と料理長が怒声を上げながら料理人に飛び蹴りをくらわしていた。


「次またやたらくらすぞぉぉぉお!!」

「はい!すんませんした!!!」


唖然としながら周りを見ると、とくにみんな気にせず仕事をしている。これが日常風景らしかった。


もう、鬱なんて吹っ飛んだ。

頑張らなきゃ、まずい、やらなきゃ、やられる。


朝は早い日は6時前には出勤。夜は遅ければ12時くらいまで。旅館の裏手には寮があるのですが、従業員たちはこの寮から通うことになるので、きつい日はかなり長いシフトが入っています。初日からそんな感じで、もう変なことにうだうだ頭を悩ませる時間もない。とにかく仕事、仕事、仕事。


そして仕事をしながら、どうしてこれまでの自分は稼げなかったのか、ここを出たらどんなサイトを作ろうか、そして出国したらどんな生活を送ろうかということをずっと考えて、それをノートに書き留めていました。(寮はネットが繋がらなかったので...)

みんなの読んで良かった!

他43コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。