離婚しても、子育てアドバイザーを貫く人生

「おばあさん、子どもたちのことをよろしくお願いします」

小学校5年生のある日、帰宅した僕が、リビングテーブルの上で見つけた、母の置き手紙でした。

それが、すべてのはじまり。
なぜ、子どもを捨てて出ていくのか?
なぜ、愛し合って結婚したのに別れるのか?

子どもだった僕には全く理解できませんでした。

あまりのショックに、毎晩母親を求めて泣いていました。
思春期になり、恋愛をしようと思っても、
「どうせ人は嫌いになってしまうんだ」
と思って、人間不信になりました。

「将来、子どもにこんな悲しい思いをさせるなら、絶対結婚なんてしたくない」

そんなふうに考えながら過ごした思春期でした。

ぜんそくもちで、病弱で、肥満児で、運動面ではなんの取り柄もなかった僕ですが、本を読むのが好きで、勉強に打ち込みました。
進学校に進んだのですが、運動が苦手な僕は、それを克服したくて、野球部に入りました。
きつい部活の練習に加え、だんだん勉強についていけなくなった僕は、徐々に心と体のバランスがとれなくなりました。

そして、燃え尽きてしまい、ある日突然、不登校に。
何もする気がなくなり、以来、1年間の引きこもり生活のあと、中退しました。
同級生が、東大や京大に進む中、堕落していく息子を見て、父親の信用も失いました。
「お前は昔はよかったのに…」
20歳になったころ、父親がボソっとつぶやいたのを聞き逃しませんでした。

そんな僕が、まさか、結婚をして、パパになり、さらに、子育てアドバイザーになるなんて、その時の僕には想像もできないことでした。

その後の人生も、決して楽ではありませんでした。

・フリーターで味わったいじめと社会の厳しさ
・中退から大学進学を果たすまで
・海外留学まであと一歩のところで…
・一発で決めた就活と、日本一不便な町での就職
・健康診断で発覚!腎不全!?
・初めての転職とまさかの倒産
・これぞ体育会系ガチンコ営業会社での苦悩
・独立起業のあと、300万円の借金で大失敗
・募集1名の好条件派遣社員に採用。
・2人目の子育てと、まさかの離婚。
・悩んだ末の子育てアドバイザーという仕事

奇跡の大逆転は起きるのか…。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。