人生のどん底とは

 人間としてこの世に生まれた時から浄土真宗本願寺派の教えに出会うまでの間が、
私の人生のどん底であった。
 いうなれば、それは、人生を苦と観る、人生観にあったからだ。
 親は己の欲望によって、私を産み落とし、この世に誕生させた。
誕生させられた私は、一生苦難の人生を歩むこととなったのである。
 生・老・病・死に加えて、生命力が盛んであるあるが故に起こる苦しみ、欲しいものが得られぬ苦しみ、憎いものにあわねばならない苦しみ、愛するものと別れねばならない苦しみ。人生は、まさしく、苦そのものである。
 
 
 

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の山口 早苗さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。