モテる男の気功:双龍門気功法の起源


大事な事をお伝えしておきたい。


モテる男の気功強化部で扱っている、『双龍門気功法』の起源を。


時は今から約1,800年前。

後漢の王朝より勅命を賜(たまわ)り、


「指頭のみで治療もでき、護身用の拳法にもなるものを作れ。」


その命を受け開発され、実際に使用されていたものが双龍門点穴なのだ。

つまり、戦士の為の強化法が『双龍門気功法』。

選び抜かれた屈強な戦士たちをさらに豪傑にするために。


想像してみてほしい。


やるかやられるかの世界で、

全身全霊をかけて集中し、決断し、バカ力を発揮し、相手を叩きのめす。



その時の集中力がどれほどのものか。

その判断力がどれだけ研ぎ澄まされているか。



そのパワーの源泉が、人知れず脈々と受け継がれていた・・


その源泉を現代に活かす事で、

昼も夜もアグレッシブに活動できる、モテる男になれるというわけだ。


鉄人を超人にクラスチェンジさせる方法、それが『双龍門気功法』。


ワンピースでいえば、

『武装色の覇気』と『見聞色の覇気』を同時に手に入れるようなもの。


だが安心してほしい。


『双龍門気功法』を手にしたことで、血気盛んになり攻撃的になる、という事はない。


ファイナルファンタジー5のバーサーカーのように、

たたかうコマンドしか選択肢がなく、しかも勝手に動くなんてことはない。


・それは自己主張激しすぎ。

・人の話を気かなすぎ。

・テンションあがりすぎ。


モテたいと思って空回りしてビール一気飲み後ダウンする新入り大学生と同じだ。


真のモテる男には、バランス感覚が備わっている。


『中庸』というやつだ。


察する。駆け引きする。気がきく。


『双龍門気功法』により『肝』『腎』を鍛える事で、

日常生活に必要な感覚を研ぎ澄ます事ができる。


周りに流されない 粋な大人の余裕を手に入れる事ができるのだ。


戦闘集団のために編み出された奥義を、

日常生活に使えるまでに落とし込んだシークレットエクササイズ、


それが、『双龍門気功法』なのだ。


■□■□■□■□



モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。



昼も夜もパワフルに活躍でき、

女性にはもちろん、

年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。



参加人数は現在870名超え。

日々活発な意見交換がされている。



"元気があれば何でもできる"。


元気になりたいと望むなら、

ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。


http://souryumon.com


著者の黄 蒼天さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。