20年の月日を経て明かされた出生の秘密。他界した母親が僕に望んだこと。

1 / 2 ページ


僕は生みの母親の顔の記憶は無い。どんな人なのかも知らなかった。

ただ、ずっと疑問に思っていた。

なぜ、僕が生まれて来てすぐに亡くなったのか。

僕はなぜ生まれてきたのか。


「♪♪♪〜♪♪♪♪〜」


ジョージ・ウィンストンのLonging / Loveが鳴り響く。

父親が弾くピアノはいつもこの曲だ。


30年経った今も曲目は変わらないから

僕が生まれる前からずっと弾いているに違いない。


だからこの曲を聞くと思い出す。

母親のいなかった子どもの頃を。。。


記憶に無い母親の記憶


物心ついた時には

母親は木目の綺麗な額の中ある白黒の写真だった。


記憶の中に母親はいなかった。

すでに「母親は死んだ」という事を知っていた。

どこからかガンであった事も聞いていた。


ただ、それだけ。

いつ、亡くなったのかも、名前も知らなかった。


子どもである僕に気を使っていたのもあるだろう。

誰も僕の前では母親の話をしなかった。


いないという事が当然かの様に毎日が過ぎていった。



そして5歳の時、父親が再婚し母親が出来た。

「お姉ちゃん」と呼んでいた人が「お母さん」になった。

5歳になって始めてきちんとした家族としての生活が始まった。


そして、生みの母親の話題は更に出てくる事は無くなった。


新しい母親の前で亡くなった母親の話をするのは

失礼にあたるし、子どもである僕に話すのも未だ適当では無いと周りは考えてくれたようだ。


周りの配慮のお陰で、

母親が早くに亡くなったという事が生活に影響することは無かった。


ただ、小学4年生の時に立て続けに起こった事件により

死んでもおかしく無かったのだけれど、助かった。

それから、どうやら自分は「生かされている様だ」と感じ

「自分が生きている意味」を問うようになった。


なぜ、自分は生まれて来たのか?


問いかけても誰も答えてはくれない。

そこから自分の生きている意味を探すようになった。

そして、この頃から否定される事を極端に恐れる様になった。


怒られたり、否定されたりすると

自分の存在意義が無いと言われている様に聞こえてしまう。


心の奥の住人
お前はなぜ生まれてきた?生きている価値があるのか?


どこからとも無く問いかけてくる。




すぐに分かるはずもない。

心の奥の住人
なぜ生まれてきた?生きている価値はあるのか?
分からない、でも、母親の為に自分は死ねない。

何度繰り返したか分からない。


ただ、

「生かされているのだから

 何かやらなければいけない事があるに違いない」

という使命感で保っていた。


明かされた真実「なぜ、僕が生まれてきたのか?」


そして月日が流れ、

20歳を迎えた時に「もう大人になったし大丈夫だろう」と親戚が話してくれる様になった。


20年間、僕だけが知らなかった真実。


名前はチカ。(以下チカ母)

チカ母は頑固で言い出したら絶対にやりきってしまう性格。

そして、周りに左右される事無く決断して行動する強い女性。

でも、妹、弟想いでとても思いやりのある長女だったそう。


話を聞けば聞くほど誇らしい気持ちになれる様な母親だった。


では、なぜ今まで語られる事が無かったのか?

僕が受け入れられなくなる事を懸念したのもあるらしいが

そこには大変な事件があったということだ。



それまで語られる事の無かった事実。


チカ母がガンだとわかった時、僕はすでにお腹にいた。

治療すれば母親は長く生きられるが、僕は死ぬ。

どれだけの葛藤があったのかそれはもう分からない。

だけど、その選択に迫られた時、チカ母は僕を産む事を選んだ。


ガンだと知っていたのは当事者と父親側の親戚のみ。

結婚する事は決まっていたが、

時間が無いという事が分かり急いで事を進めた。

事情をしらない母親方の親戚は猛反発。父親を責めた。

みんなの読んで良かった!

他14コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。