20年の月日を経て明かされた出生の秘密。他界した母親が僕に望んだこと。

1 / 5 ページ


僕は生みの母親の顔の記憶は無い。どんな人なのかも知らなかった。

ただ、ずっと疑問に思っていた。

なぜ、僕が生まれて来てすぐに亡くなったのか。

僕はなぜ生まれてきたのか。


「♪♪♪〜♪♪♪♪〜」


ジョージ・ウィンストンのLonging / Loveが鳴り響く。

父親が弾くピアノはいつもこの曲だ。


30年経った今も曲目は変わらないから

僕が生まれる前からずっと弾いているに違いない。


だからこの曲を聞くと思い出す。

母親のいなかった子どもの頃を。。。


記憶に無い母親の記憶


物心ついた時には

母親は木目の綺麗な額の中ある白黒の写真だった。


記憶の中に母親はいなかった。

すでに「母親は死んだ」という事を知っていた。

どこからかガンであった事も聞いていた。


ただ、それだけ。

いつ、亡くなったのかも、名前も知らなかった。


子どもである僕に気を使っていたのもあるだろう。

誰も僕の前では母親の話をしなかった。


いないという事が当然かの様に毎日が過ぎていった。



そして5歳の時、父親が再婚し母親が出来た。

「お姉ちゃん」と呼んでいた人が「お母さん」になった。

5歳になって始めてきちんとした家族としての生活が始まった。

みんなの読んで良かった!