好きなことをして、生きる。決断してみました。決戦直前編。

ちょっとまだ書けていないエントリーがあるんですが
今しか書けない記事があると思い、
フライングでこの投稿です。

紆余曲折を経て
私は医者を目指しています。

人のQuality of Lifeに貢献すること
これを軸に社会人として生きてきましたが
事故にあった時に主治医に助けてもらって以来
この職業への憧れは消えませんした。

現実的に職業を目指すための環境が整って
試験勉強を始めたのが7月。
目指すは2年次学士編入。

猛然と勉強する中で
現実的に目指すべきは2015年入試なのだが
可能性を排除するべきではないと受けた2014年入試2校。

結果的に
一つの大学の学科試験を奇跡的に突破。
今週末が最終試験です。

久々に、緊張しています。

しかし
これまで人並み以上に、
なぜ今から医者になりたいのか
それについては考えてきたつもりです。

これまで考えてきたこと
これまで感じてきたこと
それを真摯に語る以外に
僕に出来ることはありません。

僕は小児救急医になりたいと思っています。
都心型ではなく、地域密着の形で
どうしたら、こどもの救われるべき命がより多く救えるのか。
それを追求したい。

そのためには小児救急医としての専門性を高め
その分野の進んだ海外で学び
そして地域密着型小児救急医療の仕組みを
ある地域に実際に確立する。

これが一つ実現できれば
それをそのまま仕組みとして、
他の地域に持ち込むことで
多くの命が、日本中、世界中で救われるはずだと信じています。

今回落ちたとしても
僕はこれを使命に、突っ走りますので
落ちたとしても引き続き、応援をお願い致します笑

でも、今回決めたい!!

著者の山中 雄城さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。