宮崎の片田舎で育った少年が、旅行事業で世界を目指しているたった1つの理由。


「ガシャン」
手元を見ると、両手に手錠がかかっていました。
南米・ベネズエラで、私は頭のなかがふっと真っ白になりました。
すぐに、混乱、悔しさ、絶望といった感情の波が押し寄せてきました。
ある都市のバスターミナルの中のトイレから出てきた警官と、手錠をかけられて両手を引っ張られるアジア人。
こちらに気づき、寄せられる好奇心の眼差し。
次に私の心を襲ったのは、自分の力の儚さ、無知、情けなさ、危機感、そしてこいつ!この警官にたいする怒り。
「このままだと、絶対に拘留される。」
できることは、覚えたてのスペイン語で力の限り叫ぶことくらいでした。
「俺はやってない!ふざけるな!」
「嵌められた!ここでもう一度調べてみろ!」
ターミナルの待合室に設置されているテレビには〈21世紀の社会主義〉を提唱する、ベネズエラのカリスマ・チャベス大統領が演説をする姿が映っていました。
東京の新聞でチャベス大統領を知り、この人が目指す新しい社会を学びにベネズエラを訪れたはずなのに・・・。
こんな社会なんてクソだ!
気がつくと、バスターミナルにいる200人程のベネズエラ人はみんな私を見つめていました。
・・・・・・・・・・・・・・・
はじめまして、甲斐考太郎と申します。
今回は、なぜ私がOrange Inc.という旅行会社を起業して、どうしてわざわざ世界に通用する旅行サービスを作ろうとしているかについて、筆を執らせていただきました。
この想いには、私がこれまでの旅で感じたことがたくさん詰まっています。

■宮崎から上京、そして海外旅行へ

私は18歳まで九州の宮崎県で育ちました。
小学校を卒業してから高校生までの6年間は、宮崎の中でも秘境と言われるほどの山の中で過ごし、みるみる田舎の少年として頭角を発揮していました。
休日は川で泳ぐか、山に登るか、マウンテンバイクであちらこちらを探検。
自然の懐深さに育てられたと思います。
一方で、この宮崎という社会の狭さがとても窮屈でした。
『龍馬がゆく』を読んでは「俺もでっかい男になる!脱藩だ!」と大志を燃やし、『深夜特急』を読んでは「世界をこの目で見てみたい!」と海外へ憧憬し、『讀売新聞』を読んでは「俺も早く東京で、世界で活躍するんだ!」と息巻いていました。
将来の夢はいくつかありましたが、大学進学を検討する頃には政治家を目指すようになりました。
そのためにも、まずは世界を知ることがとても重要だと感じ、大学進学か海外放浪に出るか数ヶ月悩んで親や先生を振り回していた時期もありました。
「早く宮崎を出たい!東京だ!世界だ!」といつも考えていたように思います。
結局は、母や親戚、先生の説得により、「そうか、大学生でも旅には出れるのか」と納得し東京の大学に進学しました。
上京して有楽町駅に降りたとき、高層ビルがにょきにょき生えているのを見て、「すげ、、森の杉の木よりでかい・・・」と驚いたのを覚えています。

■旅の魅力と可能性にどんどん惹き込まれる

旅に出ることが大学進学の大きな理由の1つであった私は、大学1年生から当然のように旅の計画を始めました。
初めて1人で旅した海外はタイ。
美しく鮮やかに、水上ボート詐欺にひっかかりました。
チャオプラヤ川の上で、宮崎弁で喧嘩するという貴重な経験を積んだり、男性にナンパやセクハラをされながら、旅の醍醐味と魅力をどんどん知っていきました。
その次の海外旅行は、インド。
ウワサ通り、日本人にとっては強烈な国でした。
初日からバイクタクシーのドライバーに4時間以上騙されまくった挙句、その行為を許すことができず、朝5時頃路地裏でドライバーとタイマンを張りました。
その翌日も騙されまくります。
ときにはそれに気づいて正論を主張するも悪気なく微笑み返してくる人々に、到着3日目から宿に引きこもりになりそうでした。
「もう、インドいや。」
夜は部屋にこもっている時間が長かったです。
旅をして「早く日本に帰りたい」と思ったのは後にも先にもこれが初めてです。
数日そんな日が続きましたが、引きこもりになるのももったいないという気持ちがまだ残っており、辛いですがなるだけ外出するようにしました。

きっかけは、おそらく立ち食いのカレー屋台での朝食だったと思います。
大体、毎食カレーだしカレーにも相当嫌気が差していたのですが、周りにカレー屋しかなかったのでふらりと入り、ターリー(定食のこと、もちろんカレー)を注文しました。
観光客は誰もおらず、現地の人々が集まる屋台のようでした。
カレーが配膳され、口に運び、まあウマい方かな、、なんてもぐもぐしていると、店長が「ラッシーいるか?」と無愛想に声をかけてきました。
「いらない(どうせぼったくるんだろうな・・・)」と即答。
すると、隣にいたインド人が声をかけてきました。
「うまいよ、ここのラッシー」
「でも、今日はいらないよ(仲間か?)」
それでも、隣のインド人はニコニコしながら薦めます。
「騙されたと思って、頼んでみなよ!」
インド人から「騙されたと思って」という言葉が出ることに、引きつった笑いが出てしまいました。
でも、周りを見るとたしかに私以外全員ラッシーを頼んでいたので、「まあラッシーくらいなら騙されてもいいか」と注文してみました。
店長が、無愛想なままラッシーを持ってきました。
「・・・っっっうまい!!!」
ラッシーの概念を覆すほどの驚きのうまさでした。
隣のインド人も満足そうに立ち去っていきました。
人間というものは実に単純なもので、美味しいものを飲んだだけでそこから気持ちが一気に前向きになりました。
支払いを終え(ぼったくられなかった)、屋台を去る頃にはあることに気がつきました。
「そうか!このインドの騙す騙されるは、挨拶みたいなもんじゃないかな?」
「逆にこれからは俺もふっかけていくし、騙していこう!」
そう考え、積極的にコミュニケーションをとるようにしました。
するとあら不思議、会話がとても楽しくなっていき、いろんな人と仲良くなりました。
友情の証にと、惜しむようにボロボロになったアメリカのエロ本の切れ端をくれた青年もいました。

■〈非日常〉が人生をワクワクさせる

ガンジス川では沐浴をし、死体が焼ける様子を1日中眺め、生きることの意味についてずっと考えました。
左手を不浄の手と決め、現地のスタイルでトイレを済ませました。紙で拭くより断然清潔です。
私が日本のウォッシュレットの価値を知ったのは、この経験からです。
その後も旅は続き、これまで中国やインド、東南アジア各国や、北米、中米、南米、ヨーロッパの各国を旅しました。
国内も46都道府県をまわりました。
なぜそんなに旅をするのか?という質問の答えるとするならば、旅は簡単に〈非日常〉を感じさせてくれるからです。
非日常って、ワクワクしませんか?
別に海外旅行に行かなくても、いつもと違う服や靴で出歩いてみたり、行ったことのないレストランに行ってみたり、年に1度の祭やフェスに参加するといったことも非日常です。
けれど、旅をすると環境ががらりと変わるので簡単に非日常を感じることができます。
いつも流れている一定の気持ちの波長が、ぶわっと盛り上がるとき、喜びを感じます。
これを〈感動〉と呼ぶのだと思います。
〈感動〉は、〈気づき〉を生みます。
自然の美しさに気づく、日本に生まれたことのありがたさに気づく、言葉が通じることのありがたさに気づく、自分の感情が揺れ動くポイントに気づく、自分の好きな食べ物嫌いな食べ物に気づく。
私は狭っ苦しいと考えていた宮崎を出ることにより、宮崎の魅力に痛いほど気づき、最初の就職先はテレビ宮崎に入社させてもらいました。
旅は、〈非日常〉は、〈感動〉は、たくさんの〈気づき〉を与えてくれます。
その先になにがあるのかというと、私はこれが人々の幸せに繋がっていると考えています。

■《世界中の旅行を より豊かに より快適に》

長くなりましたが、なぜ私が旅行事業で世界を目指しているのか?という本題に入らせてください。
それはたった1つ。
旅行がもっと豊かになってもっと快適になることが、自分の幸せに繋がり、自分の周りの人の幸せに繋がり、ひいては人類の幸せに繋がっていると確信しているからです。
私の例を申し上げると、旅に出たことによって、人生で大切にするものランキングが大幅に変動しました。
それまでは、いい大学・いい会社・穏やかな老後的な、少し前の成功パターンを踏むことが大切だとおぼろげに思っていたのですが、旅に出ることによって、まずは自分の身近にいる人たちと幸せに生きることが不動のトップとして君臨しています。
旅の感動、ときには予想だにしない失望や絶望によって、新しい気づきをこの生身の身体で感じてきました。
その度に、新しい価値観と自分の価値観の擦り合わせをしてきたように思います。
Orange Inc.のビジョンは《世界中の旅行を より豊かに より快適に》です。
旅が人を幸せにする、という事実は日本人の枠に留まりません。
全世界共通の事実です。
また、旅をもっと豊かに、そして快適にすることは、世界平和の大きな一助になるとも思っています。
テレビをぼうっと眺めていて、行ったことのない土地のニュースには関心を持ちにくいのに、行ったことのある土地のニュースには関心を惹かれる経験はありませんか?
私は自らの旅の様々な経験から《世界中の旅行を より豊かに より快適に》することを、人生を賭けてやることに大きな意味を感じています。
またこれをやっていくことが、これまで旅に教えてもらったことが多い、私の使命だと思っています。
私たちはまずその最初の事業として、旅行計画という分野を選び、2人で起業しました。
より豊かでより快適な旅をするには、プランニングが不可欠です。
冒頭に書いたベネズエラでの一コマも、事前の情報・知識・準備があれば回避できたトラブルでした。
Orange Inc.では、旅のプランニングツール tripro(トリプロ)を提供しています。
自由でわがままな旅をしたい個人旅行者が世界的に増加しているなか、これ以上私が遭遇したようなトラブルが起きないよう、そしてもっともっと豊かな旅が送れるよう、triproは旅行計画のインフラを目指していきます。
旅に関する相談は喜んで承りますので、お気軽にご連絡ください!
 →メール:kai@tripro.me
長文お読みいただき、ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・
*補足
「ある旅で、いとも簡単に自分の人生をひっくり返されたエピソード」として、こんなものをいずれ投稿していきたいな、と考えています。
❑ベネズエラで手錠をかけれらたその後
❑ガンジス川のほとりで焼肉が食べたくなった話
❑バイクに轢かれた話
❑衝撃を受けた物乞いの話
❑ちびっこギャングにビール瓶を大量に投げつけられた話
❑天安門広場で職質に遭った話
❑キューバで墓掃除をした話
❑韓国で深夜のガチ鬼ごっこをした話
❑カンボジアの銭湯とお宅訪問
❑全裸で10日間生活した話
❑ある反政府ゲリラの内部を見学させてもらった話
❑子どもが宿までついてきた話
❑クレイジーなパイロットと2人で空を飛んだ話
❑24時間ぶっ続けで1人の人の話を聞いた話
❑ペットボトルにおしっこした話
❑料理の概念が変わった話
❑小学生に銃をつきつけられた話

みんなの読んで良かった!

他1コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。