2013年10月に中国の鉄道の中で考えた事。

1 / 2 ページ

10月はほとんど上海にはいなかった。
30歳一人旅だった。
中国のGWである国慶節には上海から西安へ。そしてさらに北京へ。
下旬には2週間ほど湖南省へ。
上海に住み始めた頃は、
僕は上海は知っているけど、中国を知らないと感じていた。
それだけ中国という国は大きい。
今の時代、ネットで検索をすれば情報も写真も手に入る。
しかしながら、それではホンモノではないような気がした。
特に中国に住んでいれば、否が応でも中国について聞かれることが多くなる。
そういう時に、偽りなく自分の言葉で中国のリアルを伝えたいという使命感がある。
さらにはパソコンのディスプレイではなく自分の目でリアルな中国を見たいし、自分の手でカメラに収めたい。
だからこそ上海以外の都市を訪問してリアルを体感し思考しすることで、
リアルな中国という大きな大陸を体感できればと思った。
今回の旅もそうだった。
中国人の儒教の精神を感じる機会が多かった。
たまに混乱するときがあるのだ。
ホスピタリティ溢れる中国人に会った時、礼儀正しい中国人に会った時。。
これは日本人の、僕自身の中国人へのステレオタイプとのギャップが大きいときだ。
中国人は並ばない、中国人はうるさい、中国人は自己中心的、中国人は、、、
そもそも多民族国家、多文化である中国を表面的に一つのカテゴリーにする事は難しい。
もともと中国人は儒教の精神を軸としていた。
しかしながら毛沢東がリードした文化大革命。
この時に儒教は否定されることになった。
その他にも、歴史的には大陸内での争い、上海で言えば租界時代も。
否が応でも交渉力、自己保身、自己中心的な思想も持ち合わさざるを得なかったと言える。
日本ではこの自己中心的な面だけを捉えがちである。
現実は異なる。
しかしながら気を付けなければいけないのは、上記のような理由から交渉能力に長けているのも中国人である。
あなたの為と言いながら実は自分の良い条件にしようとしていることもあるからすべてを鵜呑みにしてはいけない。
ただ、中国人を悪とする一辺倒な考えは、あまりにもバランスに欠けている。
例えば、上海でも良く見られるが、年配の方に席を譲る。
カップルで女の子が男の膝の上に座ってまでおじいさんに席を譲る。
僕がホテルの場所が分からなくて、道を訪ねるとその人自身も場所をわからない。蔑ろにせず知り合いにまで場所を聞いてくれる。
特に言葉が話せるようになっている分、真実が見えやすい。
僕は上海に来たばかりの頃に、言葉が話せるようになって、もっと真実の中国をみたいという思いがあった。
まさにそれが現実化した旅でもあった。

みんなの読んで良かった!