普通の人生

1 / 3 ページ

TVBrosの『ネット探偵団』でこのサイトを知りました。
皆さんの投稿を読むと
『ビジネスで成功した!』とか
『元極道との・・・』というパッと見、目を引くような記事が多くあって驚きます。
極道屋さんの話はやっぱり非日常な感じがするのか人気みたいですね。
あいにく自分は身内や知り合いにその手の人が多かったので敢えて

非日常的な感じもしないのでそこを重点的に書くことは避けます。
まぁなんというか平凡な人生です。


なんらかのビジネスで成功してるわけでもないし、
めちゃくちゃモテてもいないし、
まぁそれなりに働いてはきましたが
目立って友人が多いわけでもなく、言ってみれば平凡より若干下、
『下の中』くらいのライフスタイルっていうのがふさわしいかなと思います。

学生生活

まぁ凄く田舎なところで平凡な少年期を過ごし、
中学まではそれなりにゆかいな仲間に恵まれて楽しかったのですが
どういう運命のいたずらか
小学校入学からの9年間、家に帰っての
総勉強時間をひいきめにトータルしてみても3時間弱も勉強してなかったし
もちろん授業もろくすっぽ聞いてなかった自分に奇跡が起きて
英語の長文はスラスラ読めるわ、数学の問題は解けるわで
どういう訳かその高校受験の時期だけ成績が妙に上がってしまい
調子こいて自分のレベルより若干偏差値の高い高校に進学してみたら
案の定周りと打ち解けられず
3年間誰ともお話をすることなく卒業しました。
そんな感じなので確か3年間のうちトータルすると1年分しか登校してない気がします。
大体登校しても途中で仮病で早退するかもしくは5限目くらいから遅れて登校するか
そんな感じ。今考えてもなんで卒業できたのか自分でも不思議です。
校外に学校以外の友人がいるわけでもなく、やってたことはといえば


ダメ元で『ジャニーズ』に履歴書を送ったり
わざわざ上京して『芸能プロダクション(俳優養成所)』のオーディションに行く
とか雲を掴むような訳の分からない行動をして気分を紛らわしていました。
たぶん後者は松田優作の影響です。


関西へ

高校を卒業すると唯一の趣味だったのが『映画鑑賞』という理由だけで関西の
映像系の専門学校に入学。入学して早々に実はデザインの方が勉強したかったのに気づいたのと関西人とのコミニュケーションの取れなさに挫折感を覚え、学校にはほとんど行かなかったです。はたまたこれはどうして卒業出来たのか不思議です。
で、学校行かずに何やってたかといえばたまたま知り合った雑誌のライターさんと遊んだりAV見たりしてたくらいでしょうか。親の仕送りの大半を好きな映画やAVをしこたま見るのに使う。もう典型的なダメ人間です。

チャンスを逃す天才

そんな私ですが何だか変な特技と言いますか全然特技でも何でもないんですが
ピンポイントに『良いお話』が舞い込み、それをいとも簡単に『逃す』ということに
かけては多分秀でているのかもしれません。
例を挙げれば、
たまたま登校した時、CMの授業で教鞭をとっていた先生に見せたアイデアが
気に入られて
「新しいアイデアで15秒のCMを撮ってきて面白かったら
電通関係の制作会社に就職の斡旋をしよう」
という好条件を提示されたのを

「めんどくさい」。
たったそれだけの理由で無下にしたり
知り合いのライターさんが当時私が好きだった映画監督の制作会社とコネがあり
「1本短編を作る」という条件で紹介してもらえるところをやはり
「めんどくさい」ということで逆にお断りしたりといった感じ。

まぁ紹介してくれた人にしてみれば
「せっかくのチャンスをもったいない」という感じのことをことごとくしてたたわけです。
まぁ単純にめんどくさいという訳ではなかったのですが

今になって過去の自分を分析するならば


「変に認められるのが怖かった」

「俺のセンスをイイなんて言う奴は頭がオカしい」
という自信の無さからくる相手への疑いみたいなものが根底にあったのでしょう。

まぁ後から後悔してもしょうがないので別に後悔すらしてないのですが
この「チャンスが来て逃す」ってことが
もしかすると自分の人生のテーマなのかもと思わずにはいられない日々が
この先も続くことになります。


上京


という感じでろくに学校も行かなかったのですが何故だか東京にある写真スタジオの募集がたまたまあって上京することになり、六本木という土地柄か芸能人がやたら来るスタジオでSMAPやらダウンタウンやら好きだった女優やアイドル、女子アナとか見れてミーハーな自分には目の肥やしにはなりました。が見てばっかいるのもつまらんと思い、仕事の片手間に東京NSCを受験してみました。

あそこは大概の人間は入学できるのですが入学資金と授業料が調達できず結局行かなかったのですが行ってたら行ってたで幅が広がって楽しかっただろうなと今振り返ると思います。(ちなみに1000人受験で500人入学、いま活躍してるのはたった3人)

で、結局10ヶ月ほどスタジオで働いたのですがもともと写真に対する情熱もないので飽きてしまい、既に『写真新世紀』で入賞してた同期の子と一緒のタイミングで辞めました。

まぁそのあと彼はいろんな媒体(雑誌、CDジャケットなど)で活躍していくのですが、それとは対照的に自分はマスコミ的な世界から徐々に遠のいていき、すぐあとに入社したチラシ広告の制作会社からのドロップアウトを経験して「サラリーマンは無理」とフリーターへの道を邁進、バイトで稼いだ金をバイト仲間と惜しげもなく飲みに使い、最終的に住んでいたアパートを2件夜逃げし、気がつくとホームレスになっていました。

みんなの読んで良かった!