SPINNING(R)(スピニング):日本人唯一のマスターインストラクターになる

1 / 2 ページ

前編: SPINNING(R)(スピニング):帰国、そしてスランプ

話はどんどん進んでいき館兄はロサンゼルス国際空港で迎えのバスを待っていました。


一週間のスケジュールでマスターインストラクターになるための合宿を行うのです。SPINNING(R)(スピニング)マスターインストラクターキャンプという名称です。


期間中、交わされる会話は勿論、


英語

だけ。


かろうじて意志が伝えられる程度の、館兄の英語能力でどうやってついて行くのか、物凄い不安の中、キャンプの会場である、SPINNING(R)(スピニング)の総本山、マッドドッグアスレチック社に到着します。


世界中から選りすぐられた14名のマスターインストラクター候補達、そしてメイン講師の二人。彼らと挨拶する。

その中に英語がつたない3人が居た。

彼らはコスタリカ、そしてメキシコからの参加者。母国語はスペイン語。その中の一人は、マスターインストラクターになるために六ヶ月前から本格的に英語の勉強を開始したらしい。それで、あそこまで話せるのか!

想いが違う。


決意が違う。


覚悟が違う。



いきなり自分の心に冷や水を浴びせられる。

でも、そのおかげで目が覚める。

いや、こじ開けて貰った。


館兄の中にくすぶっていた小さな火種に火を付けられた。とにかく、SPINNING(R)(スピニング)の全てを受け止める。それでも燃えないのなら、

もう館兄にはSPINNING(R)(スピニング)を続けていく資格が無い。


朝9時にスタートし毎晩7時まで、そして全員でディナーを食べた後に、スペイン語圏の3人と館兄の4人を集めて、ルチアナ先生の復習がある。


彼らに負けたくないから、必死で食らいついた。



そして宿に戻ると更に自習。



初日から脳天をハンマーで殴られたかのようなショックを受ける。


館兄
10年も何をやってきたんだ?
館兄
何を、やりきった気になっていたんだ?


昨日までの自分に怒りを覚える。



時差ぼけのせいもあるだろうが、今日習ったことが頭から離れなくて眠れない。


眠れない。


いや、眠って、頭の中から消えることが、怖くて仕方がなかった。



時差ぼけのだるさの中、アラームに反応してベッドから無理矢理起きる。今は、学びたくてしょうが無い。

もっと知りたい。


もっと理解したい。


もっと出来る様になりたい。


もっと共有したい。


10年間、あれだけ何度も読み返したSPINNING®(スピニング)の教科書。その半分も理解できていなかったのか。10年やって何かを掴んだ気になっていた自分の情けなさに、恥ずかしくなる。


だけど、今ここに居る、マスターインストラクターを目指しているみんなは、つたない英語の僕にも正面から話しかけてくれて、知識を共有してくれる。そればかりか、開発者のジョニーGが例えとして使った、東洋の言葉や概念について質問をしてきたりする。

みんなの読んで良かった!