親からの束縛で自由が無いと思っている人へ

1 / 3 ページ

私はいわゆる良い子でした。

学校での成績もまあまあ良くて、聞き分けも良く

生徒会に先生から推薦されてしまう感じで、

生徒手帳から飛び出したような

絵に描いた至って真面目な普通な子でした。



部活も、志望校も全てお母さんの言う通りにし

好きな人も、お母さんがすこし苦い顔をすればすぐに諦めました。



今思うと自分というものが全くありませんが、

当時はそれが正しいと本気で思っていたのです。



転ばぬ先の杖



これがお母さんの口癖で、彼女なりの愛情だったのでしょう。

私も、そうする事でお母さんを喜ばせたいと思っていたし

実際にお母さんを安心させることができました。



私は自分の人生を生きる事よりも

お母さんが心配しない様に、不安にならない様に

安心していられる事を選択していました。



就職も何もかも、お母さんの言う通りにしました。



少しでも嫌だなと思ったことがあっても

お母さんの考えは曲げられない、私の思いは届かない。

だから諦めなければならない。

そう信じて疑いもしませんでした。



お母さんが怒る、お母さんが泣く、お母さんが不安定になる事は

私の人生を脅かされる位、とても重要なことで

自分のしたい事よりも、まずはお母さんを優先する事を徹底していました。



そんな自分を生きれてない最中、

私は26歳のとき、とある人に出会います。

その人は若い時にご両親と諸事情で離れていて

親という存在が人生の中であまりウエイトを占めていない人でした。


あまりにも自分との世界観の違いに

怒りさえも覚えることもありましたが、

その人とのご縁を通じて私が気づいたのは

私は、ありとあらゆる経験を拒否し、

体験、経験を避け、ものすごく狭い世界の中で

生きていたのだということでした。



どうしてしたい事をしないの?



こんな単純な質問に答えられない自分が

腹立たしくて、不甲斐なくて、

もう、怒りなのか、悲しみなのか

区別がつかない位取り乱したのを覚えています。




そんな事無理やもん。

できるわけないもん。

勝手な事したら怒られる。

したい事したくても許されないもん。



小さい頃から、

危ないからというお母さんのツルの一声で

全ての事を諦めました。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者のC'est si bon.おの みゆきさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。