モテる男の自信は内臓から

1 / 2 ページ

『双龍門気功法』を修得して3か月程経った頃。

体重が72kg→68kgと減量に成功し、

身体の内側から燃え上がるやる気に感化され、

約半年ぶりに会社のミニバレーボール大会に参加する事に。

ストレッチをすませチーム決め。

4つのチームに分かれて対戦。

試合中は随分と身体が軽くなっている事を実感し、

試合の合間にはさりげなく『タントウコウ』をしてエネルギー充電。

顔見知りが約20名。和気あいあいとした雰囲気の中で、

なにやら見慣れない若手が2人。

1人は見るからにリア充。

やや茶髪で軽めのトーン。

初見の先輩とも臆せずコミュニケーションがとれている。

問題はもう1人。

カラテカ矢部のように細い身体で、

終始オドオドしている。

「おはようございまーす。」

と声をかけると カラダ全身が"ビクッ!!"と反応した後、

「あ、お、ぉ、おはょぅ・・」

・・声が小さくて聞き取れない。

緊張しているのかと思いつつ様子を見る事に。

その後も誰かの、

「そういえばさー。」

という言葉に"ビクッ!!"

「川野さんまだ来てないねー。」

という言葉に"ビクッ!!"

体育館のカーテンが風で揺れると"ビクッ!!"

少し強めのサーブがきたら"ビクッ!!"

・・大丈夫かいこのコは・・

モテる男として心配になってしまった。

自信の大元にあるのは内臓

カラテカ矢部似の後輩は誰が見ても覇気がない。

覇気というのはつまるところ自信。

自信というのは達成感の連続でつくられるが、

『肝』や『腎』が弱るほどに、

決断・勇気・生命力・行動力が不足し、奥手になってしまい、

達成感を得る回数が減り、自信もつかないまま大人になる。

家庭環境などで『肝』『腎』が弱い子供であるほどに、

その傾向は強くなってしまう。

年を重ねる毎に自信がなくなっていく

カラテカ矢部似の後輩に限らず、

付き合いでビールを何杯も飲み、

油ものやジャンクフード、

コンビニ食を食べ続けるような生活を続けると、

歳を重ねるにつれ『肝』や『腎』が弱まる。

結果的に行動力が衰え、自信喪失にもつながっていく。

歳を重ねるにつれ、

「昔は良かった」という声を耳にする知人が増えている気がするが、

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。