モテる男の自信は内臓から

1 / 5 ページ

『双龍門気功法』を修得して3か月程経った頃。

体重が72kg→68kgと減量に成功し、

身体の内側から燃え上がるやる気に感化され、

約半年ぶりに会社のミニバレーボール大会に参加する事に。

ストレッチをすませチーム決め。

4つのチームに分かれて対戦。

試合中は随分と身体が軽くなっている事を実感し、

試合の合間にはさりげなく『タントウコウ』をしてエネルギー充電。

顔見知りが約20名。和気あいあいとした雰囲気の中で、

なにやら見慣れない若手が2人。

1人は見るからにリア充。

やや茶髪で軽めのトーン。

初見の先輩とも臆せずコミュニケーションがとれている。

問題はもう1人。

カラテカ矢部のように細い身体で、

終始オドオドしている。

「おはようございまーす。」

と声をかけると カラダ全身が"ビクッ!!"と反応した後、

「あ、お、ぉ、おはょぅ・・」

・・声が小さくて聞き取れない。

緊張しているのかと思いつつ様子を見る事に。

みんなの読んで良かった!