青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(序章)

1 / 5 ページ

後編: 青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(回り出した歯車)


青好き海外ノマドCTOの青峰隆です。


今、僕が海外にいる事も

そこで場所に縛られず仕事をしている事も


振り返ってみると

始まりは青い財布を手に入れたという事でした。



年収は財布の値段の200倍になるという本に出会う


2011年7月。


「年収は財布の値段の200倍になる」


という本を読みました。



それまで使っていたのは

ポール・スミスの財布。



値段にして2万円程

200倍したら年収400万円。

当たらずとも遠からず。


東京も人生で4回程しか行ったことが無いくらい

生まれ育った関西から出たいタイプではなかったし



サラリーマンとして

仕事も結構バリバリとやっていて

土日はしっかり休んでいたので


会社の人と友人以外との出会いは

ほとんど無い状態で代わり映えしない生活。


財布を変えたら生活も変わったりするのかな?


みんなの読んで良かった!