青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(回り出した歯車)

1 / 2 ページ

前話: 青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(序章)
次話: 青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(行動から見えた光道)


青好き海外ノマドCTOの青峰隆です。


トラブルがあったものの

究極の青い財布を手に入れる事が出来ました。


【参考】 青い財布に変えたら(序章)



その時から起こり始めた不思議な体験。




ふと届いた1通のメール



「カチカチ」


マウスでダブルクリック

いつもの様にメールを確認する。


Aamzon、楽天etc…


毎日の様にやってくるメールの山

いつもの様に内容を見ずに削除をしていき

知人や友人からのメールだけを残す

一番上のメールを読もうと思ったその時


1通の新規メールが来て、

メールがずれ、クリックをしてしまった。


開く予定の無かったメール。

さぁ、閉じようと思った時に目に飛び込んできたのは

6年前に買った本の著者の名前。


昔から人の名前を覚えるのは苦手。

そんな僕が名前を見ただけで思い出した事は奇跡に近い。


この数奇なめぐり合わせに奇妙な感覚を覚え

読み進めてみた。


そこに書いてあったのは

「大富豪に会ってみませんか?」

という事。


いつもなら、これもスルーしていた。

ただ、あまりにも出来過ぎている出来事が重なった事に

予感めいたものを感じ、行ってみる事にした。




本物の大富豪に出会う



当日、大富豪が来るという会場に足を運んだ。

「本当にそんな人が来るのだろうか?」

基本的に疑っていた。


普通に考えれば、一般人に会うわけが無い。


さて、どんな人だろう?

大富豪が入場してくる。


見た瞬間、鳥肌が立ってしまった。

素人が見ても「本物」と思う様なオーラ

今まで会ってきた人とは明らかに違う。




大富豪が話し始める。


世界に10以上の自宅があること

毎週の様に違う国に居ること


話す中身のスケールが非常に大きい。

そして、話が凄く上手い。


あっという間に引き込まれてしまい

気がつけば握りしめていた

ボールペンが汗だくになっていた。


大富豪の話から学んだ事は計り知れない。


「タイミングを逃したら2度と来ません」

「行動することが大切なんです」

「自らが成長することに喜びを感じて欲しい」

「英語が出来なくたって海外で生活出来ます」

「失敗したって挽回すればいい」


海外(というより関西外)の事に興味が無かった僕が

初めて海外に目を向ける事が出来たのがこの時。

行動を起こす大切さを自分の心に刻んだのもこの時だった。


そして、大富豪が言ったこの言葉が僕を揺さぶる事になる


「自分の幸せは他人が決めるんじゃない。自分で決めるものです。」




自分の人生に責任を持つ事



自分の幸せは自分で決めると言われて

現状を振り返った。


毎日決まった時刻に会社に行き、

決まった時刻以降に帰るサラリーマン生活。

安定という意味では一番。


「失敗をすれば自分の価値が無くなる」


そう考えていた失敗恐怖症の僕にとっては

疑問に思うことはなかった。



しかし、大富豪に出会った事で


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。