青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(回り出した歯車)

2 / 2 ページ

前話: 青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(序章)
次話: 青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(行動から見えた光道)

「人間、ここまで自由に生きる事が出来る

 自分の人生は自由に創る事が出来る」


と世界が広がった。


それじゃあ、どんな人生にしたいのか?

悩みに悩んだ結果、一つの答えに辿り着いた。


世界の絶景を見て回る人生を送りたい



そう、僕は見たかったのだ、美しい景色を。

見た時の何とも言えない感動を味わいたかった。

絶景を見るというのは思い描いていた夢。


海外に出たくないのではなく

出ることで失敗したくなかっただけなんだと気づいた。




思えばずっと、写真集を買っては眺めていた。

そして、それで満足しようとしていた


どこかで

「海外に行くには

 時間とお金と場所の自由に英語が必要だから

 海外はハードルが高過ぎる」

と思っていたのだ。


それを目標にしようと決意しようとした時

失敗恐怖症が出てきた。失敗したらどうしよう。


「失敗したって挽回すればいい。」

「行動する事が大切なんです。」


頭の中でフレーズが流れる。


あの場面がフラッシュバックした。


「青い財布を買った時、失敗したじゃないか」


失敗したけど、その後行動した結果

目標を達成した。

事実、手元に青い財布はある。



目標を掲げ続ける限り達成できるんだ



そして、僕の夢は目標に変わり

自分の人生を創る為に行動していく事にした。




青い財布を手に入れて変わった今の様子はFacebookで公開しています。

友人申請が多くなってきているのですが「storys.jp」を見たと

一言頂ければ必ず承認しますので

興味がありましたらお友達申請やフォロー頂けると嬉しいです^^





続きのストーリーはこちら!

青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(行動から見えた光道)

著者の青峰 隆さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。