元登校拒否、高校中退2回のダンボール工場の作業員が、未経験の業種で会社の社長になった話【完結編】

1 / 5 ページ



前回のストーリー

田舎でダンボール工場の作業員をやっていた。
私が独立する前の35歳の時まで、
北海道の田舎のダンボール工場でオペレーターをしていた。
工場とはいえ、倉庫のような建物で
冷暖房の空調は一切なし。
夏は暑く、冬は寒い。
出勤したら、工場の外に出ることは一切、禁止されている。
一週間ごとに日勤と夜勤の交代制。
時期によっては、夕方5時から朝の9時まで夜勤勤務ということも「ざら」だった。
ある日、突然やって来た衝撃的な出来事
元々、自律神経に問題があり、精神的に病んでいたこともあって
毎日、カラダはボロボロだった。
「頭痛」「吐き気」「嘔吐」「胃痛」「下痢」「頻尿」「顔から手の痺れ」
毎日、体調は「最悪」の状態だった。
友人からは
「段ボール工場のオペレーターって、楽そうだよな」
と言われていた。
私も,はじめはそう思っていた。
だけど
年数を重ねていくごとに
環境は「悪化」していった。
数秒間、目を離した隙に「トラブル」が起きた場合
数秒で数十万円の損害がでることもあり、
常に「集中」していなければいけなかった。
更に、
同時進行で
他の機械への「ヘルプ」や自分の担当機械での

みんなの読んで良かった!