正月、僕はマニラで死にかけた

1 / 4 ページ

海外旅行、トラブルは突然に・・・

2013年1月1日、僕が気づいたときにはもう夜になっていた。

しかも場所は新千歳空港だ。

一体いつ新年が明けたのだろうか。

大晦日から正月という年が変わる節目の丸1日の記憶が全くなかった。

これ以前の記憶は12月31日の夕方まで遡る。

僕はマニラにいた。

年末年始の正月休みを利用して僕はフィリピンのマニラに一人で観光に来ていた。

北海道に住んでいた僕は、新千歳空港から出発し、12月27日の夜にマニラに到着した。

そこで5泊して正月の昼に現地を出るという日程であった。

27日は夜遅く着き、1月1日は朝出るので、実質丸4日間の日程という感じだった。

なんでマニラにしたのかというと、特に理由はない。

札幌からわりと安く行けるところを探してチケットがあったからという程度だったと思う。

エルミタ地区を拠点にマラテ地区やマカティ地区、パサイ地区などの中心地域を一人でプラプラと街を歩き回ったり、観光地に行ったり,ジプニーに乗ってショッピングモールに行ったりして適当に過ごしていた。

マニラはそんなに見所の多い感じには思えなかったが、暖かい所というだけで僕には十分だった。

とにかく冬の北海道は寒すぎて、僕はもう死にそうだったのだ。

とあるフィリピン人との遭遇


マニラは治安が悪いと聞いていたが全くそんな素振りはなく、むしろ平和すぎるくらいに思っていた。

そんなこんなで12月31日も街を散策していた。

すると、ちょうど昼になった頃だったと思う。

50歳くらいの夫婦が僕に道を尋ねてきた。


フィリビン人のおじさん
あのー、失礼。〜〜へ行く道わかりますか?
わからないです。というか、英語もわかりません・・・
フィリビン人のおじさん
おや、もしかして日本人の方ですか??
そうですけど・・・
フィリビン人のおじさん
あー、そうなんですか。ワタシ実は日本に1年くらい料理の勉強に行ってたことがあって少しニホンゴしゃべれます!


みたいな会話がなされた。

おばさんの方はフィリピーナらしく非常に愛想のいい人でなんとなくの話も弾む。

ささやかながら現地の人とコミュニケーションが取れてちょっと嬉しいなと思っていた。

少しの油断が予想外の展開を生む

みんなの読んで良かった!