自分をもっと愛してもいいんじゃないですか?

3週間ほど日本に帰国してました。

あいかわらずのおいしい食べ物、素晴らしい温泉、ホテルや飛行機のサービスのよさ、温かい人情、高い安全性、すべてが懐かしい、誇れる日本でした。自分はいつでも帰ってきてここで暮らせる、骨をうずめることができると確信するのでした。
だけど、だけどですよ、日本に住んでいる友達や、新しく知り合った人々と話していると、ちょっと居心地が悪くなったりするのです。
それはですね、あまりにも周りの人のために自分をぎせいにしている人が多いことに驚くのです。日本は人と人との間隔が狭いので、ある程度はしょうがないとおもうのですが、それにしても、あなたの人生の目的は何ですかと聞かれても、恋人とか、家族とかの幸せとかが帰ってくるのです。
それっていったい自分はどうなっているのと聞きたくなるのです。私ももちろん自分の命と同じくらい家族を愛しています。でも、それと同時に自分も好きなのです。何もできないドジ人間ですが、一生懸命生きている自分を愛しているのです。大切にしたいのです。それは好き勝手に生きるとかそういうこととはまた違うと思うのです。
確かに私がアメリカで生きているので、簡単にできるのであって、日本の社会の中では、そんなに簡単ではないかもしれませんが、、私の友達には日本に住んでいても、自分の生き方を貫き通しているひともいます。
だからまず、人を愛することと同じように自分を愛することを始めたらどうでしょうか?そうしたら、本当にだんだん自分のことが大好きになってくるし、自分のやりたいことも、少しずつ分かってくると思うのです。
自分が自分を愛することができたら、人を本当に愛することもできるとおもうのです。



みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。