青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(人に出会い縁生まれる)

1 / 3 ページ

前編: 青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(行動から見えた光道)
後編: 青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(青い流れが起こす奇跡)

青い財布に変えたら

家と結婚まで決まってしまった話の続き。

→ 前回の話


人に会うことで縁が生まれるという事を

思い知ったのはこの時が初めてだったと思う。



財布を変えて4ヶ月。

12月に入り、寒さが本格的になっていく中

土日には「忘年会」が本格化していく。


家を引っ越し、やっと落ち着いてきたので

誘われた忘年会には全て参加という姿勢で臨んだ。


会社や友人との会は毎年やっているので

なんとなく想像がついたが


想像がつかないのが

SNSの世界で知り合った人達との忘年会。


新しい出会いに積極的になっていたとはいえ

もともとの性格がそこまで変わるはずもなく

期待半分、不安半分といった感じだった。


全て初対面という忘年会に参加する


自分の人生が変わる様な出会いというのは総じて

今まで会ったことのない人から生まれる様だ。




SNSからの集まりになった忘年会。

それぞれ、年齢、性別、職業を含めて全て違うという

今まで行ったことの無い会だった。


共通点と言えば関西に住んでいて、考え方が前向き


という事くらいだった。


考え方が似ていると

境遇が違っても初対面でも話が弾む。


色々な話題が出て行ったが

そこで、ふと海外の話になった。



何処の国が良かった等、旅行の話も沢山出ていた。

そして、話は膨らんでいき


私、海外に銀行口座を持っていて。。。

なぜ、そんな事をする必要があるんですか?


という話になった。


海外に銀行口座を持っていると海外に出た時に

有利なレートで両替を出来たりして

海外旅行の時に便利だそうだ。


その人は将来住むための家を

海外に買ってその支払いをするなら

海外にある銀行を使ったほうが便利とも言っていた。



海外に口座!? というか海外に銀行からお金が送れるんだ


それまで海外の事を全くと言っていいほど

知らなかった事を露呈しながらも(笑)


シンガポールは世界中から飛行機があつまり

アジアとして見ても中心に近いので

色々なとこに行きやすい


など、海外について

その人には色々と教えてもらった。


世界の絶景を見て回るには

海外に住むほうが行きやすい事も分かり


将来的には海外に住みたいし

その為には銀行口座も必要


と感じた時に

どうやってそういう海外の情報を得るのか

という疑問が出てきた。


海外に行って聞いてまわれば分かるのかもしれないけれど

英語が出来ない僕にとってその選択肢は無かった。


どうやって情報を得ているんですか?


と聞いたらその人が

海外に住んでいる人たちや起業家が集まっているコミュニティがあってそこで情報提供してくれている


と教えてくれた。

ただ、ここはプライベートな所なので

入れる人は限られているとの事。


ただ、その時には意気投合していたので

そこへの参加方法を教えて貰える事になった。



プライベートコミュニティに参加


紹介してもらった所は

参加費用が必要で

当時サラリーマンだった僕では普通に払えない。



海外の人や起業家が集まり質の高い情報網だから当然と言えば当然かもしれない。

さて、どうするか。と言ってもいきなりお金は出来ない。

しかし、参加できるチャンスをフイには出来ない。


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。