青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(人に出会い縁生まれる)

3 / 3 ページ

前話: 青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(行動から見えた光道)
次話: 青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(青い流れが起こす奇跡)

天秤にかけなくてもどちらが大きいか分かる。


ここは、仕事の面では問題が起きないように準備をしておき

当日、減給覚悟で休む事にした。


ちなみに、有給が無いことを証明しようとするなら

何月何日に休みますと事前に書いてハンコを押したモノを

控えと合わせて2つつくり提出。

そして、次の月に給料が引かれる等の

事が起こらないと出来ない。


これをやるとどうなって行くのかは想像がつく。



という事で、

休むことは事前に言えず

この問題はクリアにした。

準備の為にギリギリの日に設定したが

それでも1ヶ月を切っていた。


そして次に渡航費。

コミュニティにも入ったばかりで

結婚式が4月に控えていてそこまでの余裕は無い。



お金は後で何とかなるけど、タイミングはどうにもならない



と考え、これも借金をして行くことになった。


英語が出来ない問題は

原田さんが親切に現地の日本人を紹介してくれた。

これで、問題解決。


後は航空券とホテル。

インターネットで探していく。


「航空券 探し方」から検索。

そして「大阪 香港 航空券」


当時はまだLCCが無くて香港への渡航費は高かった。

お金は確保できるとはいえ、これからの生活もあるので

出来る限り費用は抑えたい。



HISで頼むとホテルも航空券も同時に取れて

安いことが分かり申し込もうとすると

「2名様以上から受付です。」




さて、どうするか。


この時にふと

「香港、行ってみたいです。」


と言っていた後輩の顔が浮かんだ。

大学からもう6年以上の付き合いがある後輩で

タイミングが会えば良く飲みに行く

仲の良い後輩。


とはいえ、社会人になっているから

1か月後に控えた海外渡航は無理と言われても仕方ない。


無理はしてほしくないので、理由は語らず

「来月、香港行くけど一緒行く?」

とメールを送ると


「何しに行くんですか?」


と帰ってくると思いきや。


「大丈夫です。」


と二つ返事。

あっさりと問題解決^^;


こうしていくつかの壁を乗り越え

香港に行ける準備が整った。



運命を動かすたった3回のメッセージ


このまま行けば順調に口座を開設して終わりだったけれど

運命が回る時というのは本当に色々な事が重なるらしい


マカオにいるので予定が合う人は一緒にご飯を食べませんか


とコミュニティの掲示板に書かれた文字。

世界中に法人を持っている人で滅多に日本には居ない

明神さん(仮名)が香港からフェリーで1時間のマカオにいると言う。


そして、

空いているという予定を見ると

香港に到着した日なら会えそうだ。

せっかく会えるのであれば、会いにいこうと思い


お会いできますか?



フェリーの乗り方等、全く分からなかったが

何も考えずにメッセージを入れた。



明神さん
マカオですけど大丈夫ですか?
マカオまで行きます
明神さん
じゃあ、当日マカオについたら連絡ください
宜しくお願いします


出発の3日前に会える事が決まり

予定が追加された。


たった3回やりとりした、

このメッセージが大きく運命を動かすキッカケになるとは

この時は知る由もなかった。




青い財布に変えてから半年経ったくらいの話です。

海外の事は知らない事ばかりで

この間に実に沢山の事を学び、毎日が飛ぶように過ぎて行きました。


この後、香港に行くのですが

自分で振り返っても不思議な出来事が沢山ありました。

「青い流れを掴む」事をお伝え出来たらと思います。




青い財布を手に入れて変わった今の様子はFacebookで公開しています。

友人申請が多くなってきているのですが「storys.jp」を見たと

一言頂ければ必ず承認しますので

興味がありましたらお友達申請やフォロー頂けると嬉しいです^^


青峰隆Facebook

続きのストーリーはこちら!

青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(青い流れが起こす奇跡)

著者の青峰 隆さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。