不動産投資をやると決めた(1)

1 / 3 ページ

前編: 非常識、自信完全喪失、そして新しいチャレンジ発見。
後編: 不動産投資をやると決めた(2)知らないなら学ぶしかない

それでもやりたかった

天下のロバート・キヨサキのスクールです
もうあちらの自負もあるけど
アメリカでどっかの学校にいくより高い?かも というもの
離婚されると思いました 笑

でも今度こそ諦めたくなかったのです
運命なんてないと思ってますが
この時ばかりは「やれと言われてる」と
思い込んで正当化しました。
その時点でアメリカの永住権は取れ
(ダンナさんの付属物で、ですけどね)
この家族の中で私がやったらいいことって?と
考えて選んだことです。

そんな簡単な訳がない
昔もそう思って諦めたのです。
日本で不動産投資が成立するとも思っていなかったから
(いまだに日本のやり方はよく分かりませんけど)

それがきちんと教えて貰える手段が出来た

それだけでも
目の前に大きく道が開けた感じがしました。

物件のことばかり、ではない

不動産投資の底力を
いろんな方が本にされたり
講演会をされたりしていますが

本当の難しさは株式と一緒かもしれません
「ヒトの気持ちと社会の動きが分からなければ負ける」

ああ、もちろん、
そんな小難しいこと言わないでも大丈夫だよ、と
大きく成功されている方もいるのは本当です
だけど
そのやり方が正しい訳ではなく
見聞きしていると そう言う方達が
結局ご自身が知らず知らずのうちに
そういう状況を判断されているか

みんなの読んで良かった!