沖縄の人達との出会いか沖縄移住まで

沖縄の人達との出会いは私が18歳の時だった。
高校卒業後、派遣の仕事で淡路島の工場で働く。
そこに沖縄の人がたくさん働いていた。
飲み会も良くあり、何人かとはすぐに仲良くなった。
沖縄の人の気さくでのんびりした性格、独特のしゃべり方、テンションの高さ(十代後半〜20代前半は特に高かった)
がすごく好きだった。
派遣期間は8ヶ月。
夜中みんなでハイエースでドライブしたり、夏は花火をしたり、神戸まで車でいったり
短かったけど、とても濃い8ヶ月だった。
契約期間が終わり、辞める時に沖縄の友達と約束をした。
【いつか沖縄で暮らすからね】と。

19歳の時だった。
帰った後に車の免許とヘルパーの資格を取得した。
それから4年後、私は一度も行ったことのない沖縄へ移住することになった。
インターネットで住み込みでホテルの求人に応募して面接へいく。
受かればそのまま移住、落ちたら帰ろうと決めていた。
結果がでるまでの数日は、ゲストハウスにとまった。

数日後合格の連絡があり、沖縄生活が始まった。

著者の藤野 奈穂子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。