メッセージ 〜 祖母との別れ 〜 1/2

1 / 4 ページ

後編: メッセージ 〜 祖母との別れ 〜 2/2
taichijungleです。
「転職大魔王伝」をご覧いただきありがとうございます。
ですが今回は、去る12月3日に亡くなったオレの祖母のお話しです。

オレは熊本県阿蘇郡にある小村の出身です。オレは中学生までこの村で過ごし、両親は今もここにに住んでいます。父は貸別荘を経営し、母は高齢であった自分の母親(オレの祖母)の世話をしていました。

祖母は享年92歳。
巷では大往生と言われるのでしょうが、オレたちにとってはとても悲しい悲しいお別れでした。

尚、このエントリーはオレの個人ブログからの転載です。
オレらが大好きだったおばあちゃんの素晴らしさを多くの人に知ってもらいたいという思いで、STORY'S.JPをお借りすることにしました。
お読みいただいて何かを感じていただけたら、どうぞ天国に向かって手を合わせてやってください。



メッセージ 〜 祖母との別れ 〜

※以下、転載(一部修正)

12月3日、祖母が亡くなりました。
9年前に長年連れ添った祖父を亡くし、自身も加齢から身体が弱ってきていた祖母。
その時からオレの母親が同居し、身の回りの世話をしていました。
「タイチくん、わたしは幸せよ。あなたのお母さんが何でもしてやらす。
 ほんといつも感謝しとります。」
祖母は会う度にそう口にしていました。
いつも「肥後朝顔」をはじめとした色んな花の栽培や野菜作り、夜はちょっと晩酌をしながら楽しくやっているようでした。
母も「私は今が人生で一番幸せ。女二人でほんとに楽しか。」とニコニコしていました。
ですが今年の夏、農作業中に熱中症になってしまい、そこから一気に体調が悪化していってしまいました。
それは祖母からまず笑顔を奪い、身体に痛みを課し、人としての機能を少しずつ削っていきました。
11月1日、バンドの熊本ツアーの合間に祖母に会いに行きました。
その頃はもう寝たきりで身体がいうことを利かず、一段と小さくなってしまい、目にも力が無くなってきていました。
最初、名前を言ってもオレのことがわかってもらえなかった時は正直堪えました。
祖母は身体が痛いとしきりに言っていました。
なので、オレは横になっている祖母の左肩から右手の先までをずっとさすりました。

みんなの読んで良かった!