青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(青い流れが起こす奇跡)

1 / 3 ページ

前話: 青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(人に出会い縁生まれる)
次話: 青い財布に変えたら人生が大きく変わって英語が出来ないまま海外移住をしてしまった話(開いた海外への道)


こんにちは。青好きノマドCTOの風上流です。

青い財布に変えたら海外移住するになってしまった話

→ 前回の話はコチラから


3日前に明神さんと約束を取り付け

香港行きの準備を始めた僕。

とうとう香港に行く日がやって来ました。



パスポート・チケット・財布・携帯

を何度も確認。


当時、Web制作会社で働いていた事もあり

携帯電話はスマホとガラケーの2台持っていたが

海外パケット定額を使うのは1台で十分だったので

ガラケー1台は置いていく事に。



初めて自力で行く海外。

人生で一番緊張した旅立ちだった。

関西国際空港に到着してまず

何処に行けば良いのか分からない所から始まり

ゲートは何処?到着するまでにしないといけない事は?

失敗したくないのでとても細かい事まで気にして

確認に確認を重ねたので、


行動自体は大した事は無かったが

心理的には大変だった。

ただ、この経験があったから海外との距離が近くなった。


だから、同じ境遇になった方がいれば


それが早いか遅いかだけで

どんな事だって誰にでも初めての瞬間がある。

最初のその時はどんなに準備しても不安だけど

一度乗り越えたら次からは大丈夫と思える。

だから、その一回だけ頑張ろう。

と伝えたい。

香港に到着


香港までは3時間程で到着。

香港の空港は想像以上に大きかったのが印象的だった。

ホテル到着は15時くらいで

明神さんとの約束は19時から。

香港からマカオへはフェリーで1時間

とあったがとにかく

初めての土地は土地勘が無く

フェリーのある場所は分かっても

どうやって行けばいいのかは未知数。

余裕を持って16時に出る事にした。


間に合わない時間

海外は日本の様にはいかないと痛感した日だった

16時に出て17時にはフェリー乗り場に着いた。

しかし、フェリーの出発が17時45分。

ここから1時間であれば

到着は18時45分だからギリギリ。

しかし、到着したのは18時55分。

ただ、電波が悪く携帯も入らない。

ここからマカオに入る為の入国審査が。


行列が凄くて結局19時を回ってしまった。。。

まさかの遅刻。。。血の気が引く。

とにかく早く連絡しようと

インターネットを繋ぎメッセージを開くと、

明神さんからメッセージが。



やばい、怒られる


と思ったら、そこには意外な事が書いてあった。

まさかのミスマッチ

明神さんからのメッセージ


明神さん
マカオでのセミナーの日を勘違いしていて今日は空いていない日でした。すいません。昼ごろ電話したのですが繋がらなかったのでメッセージさせていただきました。

そして、もう一つ


明神さん
もし、マカオに着いてしまっている様でしたらせっかくなので、例外的なんですがセミナーの2次会にまじりませんか?



という事だった。

後で確認したら、

電話が掛かっていたのは日本に置いていたガラケー。

ネットもこの時まで繋がらなかった。

マカオに到着するまで連絡を取れなかった結果

例外的にその会に参加する事になった。


著者の青峰 隆さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。