2013年最後の日に語るべきこと。人はその時になるまで気づかない。

1 / 3 ページ

後悔というものは、し始めたらきりがない。


それは父の最後の日・・・


その日私はいつもよりも4時間も早く目が覚めた。

このことがその後、私を苦しめることになる。


この写真は、年末帰省中に見つけた写真を再撮影した物。若き日の父と。


-父を最後に見た日の朝-


平日の朝というものは、大概バタバタしているもの。

両親と離れる日

その日も結局は出かけるころにせわしなくなってきた。


私はひとりっこで、両親の関心を一身に受けてきたために

その反動で大学を出ると同時にひとりで暮らし始めた。

しかし、この日に限っては、仕事の関係で四国徳島へ立つため

部屋を引き払い、身ひとつで実家に身を寄せていたのだ。


私は自分の飛行機に合わせて家を出ることにしていたのだが、

父は出勤の時間を私に合わせたようだった。


私の実家は東京都のマンションの一室。

中年男性の朝のよくある風景と同じく父にもゴミ出しの仕事があった。

その日はペットボトルの日。腐るものではない。


しかし私はこの別れの日にまでゴミを出しに行った父に対して、幼稚にもすねてしまい父を待つことなく先に駅に歩き始めたのだった。


最後の父の姿は逆のプラットホームの上にあった。

私の側の電車が先にくる様子だったので

「もう行くね」と指をさし合図を送ると「行け」と合図を返してきた。


これが父と交わした最後の意思疎通となった。

それは感謝の言葉ではなく、単純な非言語コミュニケーションだった。


私は降りる駅に合わせて乗車車両を選ぶため歩き始めた。

電車が入ってきた。電車に乗る。動き始めた。

最後に手でも振ってやろうと、父を探した。


みんなの読んで良かった!