人生最大の失恋3 長いぞ。

1 / 5 ページ

前編: 人生最大の失恋2
ハイドさんには女が沢山いた。

globeのねーちゃんみたいな銀髪やらエステシャンやら。
全部遊びらしい。今思えば一人に依存するのが怖かったのだと思う。
多分、捨てられるということはもう絶対に嫌なのだ。
ナナオはいつの間にか彼のポールポジションをとる。
が、浮気は止まらない。
ラブレターがしょっちゅうドアに挟まってる。

ハイド
うお!エステシャンなんだよこれ。6000円のハンドクリームとかドアノブにブル下げてんじゃねえよ。な?ナナオ。こいつバカだぜ。おっかね~よ。
ハイド
ナナオ、女なんてみんなバカだぜ。自分のことしか考えてない。ナナオはいーな。何も知らないから。
ハイド
お前、オレを裏切ったら許さねえからな。
ハイド
お前、オレの店でバイトしろ。
ハイド
ほれ!お前の為にオニギリ作ってやったぞ!お前、から揚げ入ってんだぞwww喰えwww
自分は浮気ばっかりするくせに。私を束縛する。
押入れに古臭い手紙隠し持ってるの知ってるぞ。
柄にもなくハイドが書いたラブレター。
箇条書きで質問が20個ぐらい書いてある。
好きな場所はどこ?
好きな食べ物は何?
好きな色は?

その質問に綺麗な女の字で
「好きな場所はハイド君の居る場所」

な~~~んて書いてあるやつ!

でも私は泣かないしヒステリーもしない。泣いたら他と一緒になって捨てられちゃう。
浮気なんてすればいい。古い女を何時までも思ってればいーじゃん。

絶対嫌だ。絶対。ずっと隣にいる。

ナナオも調理師学校に行く。ナナオもハイドみたいになる。

が、調理師の修行は想像を絶する激しさだった。。。

ハイド
しごかれてんな~ 笑 俺もよくフライパンで殴られたわ。そんなのに負けてんじゃねーぞ。オタマで殴り返せ
ハイド
皿投げられたら軌道を読んで避けろよ 笑 そのうち怒られなくなるよ。皿は落としたら足の上に乗せて衝撃を抑えれば割れねえからよ。怒られるのが仕事なんだよ。負けるな
ハイド
お前が悪くないなら俺がぶん殴りに行ってやるからよ。言えよ。負けんなよ。

色々な女の陰は1年ぐらいしたら居なくなった。

ナナオはハイドの唯一の女だ。


そんなある日、仕事帰りにハイドの家に行った。
電気が付いてる。
ピンポンしても出てこない。

みんなの読んで良かった!