兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第4話】

1 / 3 ページ

前編: 兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第3話】

愛されていた日々


いままでずっと5才離れた兄の話ばかりしてきましたが

理由は2つあります。


1つは今回結婚した兄が5才離れた兄だったからというのと


もう1つは私と兄が同じ部屋で(私が)20才になるまで

一緒に暮らしていたということです。



小さい頃の私には同じ部屋ということの”意味”をあまり理解していませんでしたが、今思うと「あり得ないこと」だとわかるのです。



私が中学受験の時に兄は遊んでいた


私が部活をしていた時に兄は大学受験だった


私が人生を彷徨っていた時に兄は海外を彷徨っていた(笑)


最後とは関係ありませんが一緒の部屋というのは

相手がどういった状況であれ一人になれず


電気を付けていいタイミングも

目覚ましを鳴らすタイミングも

相手の都合で変化したり


彼女と電話する時も家に呼ぶ時も

みんなの読んで良かった!