成長という勘違い、僕は何も変わっていない。

タイトルに書いた通り、僕は何も変わっていない。むしろ変わろうとしようとしていなかった。
僕はこの半年で1000を超える多くの業界人にあってきた。
会ってきた事により、僕は無意識化で勝手に成長していると思っていた。
でもそうではなかった。僕は何も変わっていない。同じような行動をしているだけ。
確かに知識、経験という部分では昨年より、あらゆることができるようになったのは事実だと思う。
スキルという面では・・・
僕の中でスキルはRPGのようにダンジョンに時間をかければ、時間が勝手に経験値をくれて、レベルアップして行くものだと思っている。
レベルも上がり、勝てる主人公、キャラクターが作られ、ダンジョンが簡単になっていく。ゲームというのはレベル別に構成されているものもあるが大抵、レベルを上げてしまえばクリアできるものになっている。
そんなゲームは人生において、つまらないし、満足いくようなものではない。
人生はゲームではない。人生はリアルだと思う。
出会う人、事を成す人、友人など、身近な人が笑顔になるためにはどうすればよいかをもっと追求しなければならない。
今あるものをよりよく、変わらない自分から変わって行く自分へ。
一歩ずつ0からスタートする。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のHashimoto Takuyaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。