魚も命がけや

1 / 2 ページ


鳥羽の友人の父は漁師。七十年間、沿岸の漁をしてきた。


宵に仕掛け、未明に網を上げ、水揚げする。町一番の大きな漁船を操り、妻と漁に出る。妻は寒暖に痛みガサガサになった手で綱をほどき、夫は海を見た瞬間から眼光鋭い狩人になる。


口癖は、

「魚も命がけや」


初夏にはスズキを追い、タコを獲り、冬には小舟に乗り換えてワカメを刈る。アナゴが大漁であれば干物にし、伊勢エビよりもメバルを好む。

盆と正月、それに日曜日には漁をしない。荒れた日には海神を祭る山上の神社を参拝する。

「魚も命がけや。自分も命がけやなかったら、魚は獲れん。無理しても、そう簡単にはあがってこんわ」

漁師だからこそ、海の怖さを知っている。これまでに何人も仲間を失った。

だから、心から無事を祈る。

「腰が曲がってきたで。もうやめたらどうや」

友人が言っても、その父は聞かない。そして、あたりまえのように漁に出る。


日曜日、友人は僕を釣りに誘う。

その父が、

「釣れるとええのう」

海を眺め、目を細め、風を感じて言う。

「飛び島の沖へ行け。キスが釣れる頃合いや」

漁師の助言は見事にあたる。

みんなの読んで良かった!